ファクタリング即日のおすすめサービス20選【2023年4月最新版】

ファクタリング即日20選!審査時間・入金速度で比較

この記事では「即日入金ファクタリング」を比較し、読者の皆様にあったサービスをご提案します。ファクタリングの1番のメリットは、即日で資金調達ができることです。

特に、売掛債権を即日現金化できるファクタリングサービスは、急に現金が必要になった時に非常に役立ちます。さらに来店不要で契約から入金までやってくれるサービスなら手間も省け、言う事ありません。

即日入金のファクタリングならココ
  • とにかくお急ぎの事業者様は2時間で入金可能QuQuMo ※個人事業主OK
  • 法人事業者様はファクタリングベストでの相見積もりがおすすめ
  • QuQuMoならフリーランスのファクタリングも即日入金
目次

ファクタリング即日20選!今すぐ資金調達できるサービスを比較

即日入金のファクタリングサービス20社を比較

即日入金のファクタリングサービスは次の通りです。

それでは、今日中に入金可能なファクタリングサービスについて、詳しく見ていきましょう。

QuQuMoはオンライン完結で契約!最短2時間で入金可能

QuQuMo
スクロールできます
サービス名売掛金前払いサービスQuQuMo運営会社株式会社アクティブサポート
審査時間最短30分審査通過率非公開
必要書類本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
売掛金の請求書
銀行通帳(保有する全銀行口座の入出金明細直近3ヶ月分)
確定申告書(個人事業主の場合)
健康保険証(個人事業主の場合)
入金期間最短2時間
手数料1%以上利用可能額上限無し
2社間対応可能3社間非対応
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

QuQuMoは、現金化のスピードに定評のあるファクタリングサービスです。「申込み」「審査」「契約」「入金」までの4ステップを、最短2時間で終わらせられます。

契約のスピードを重視していることから、必要書類が少ないファクタリングで、原則として「本人確認書類」「請求書」「銀行通帳」の3つの書類だけで契約可能です。

多くのファクタリング業者は、契約時に「債権譲渡登記」を求めていますが、QuQuMoでは、債権譲渡登記は不要。当然ほかのファクタリングサービスを使った時にかかる、「債権譲渡登記手数料」も無料になります。さらに付け加えると、QuQuMoは事務手数料も無料です。

このようにスピーディーな入金が可能で便利なQuQuMoですが、利用には「GMOあおぞらネット銀行」の法人口座の解説が必要になります。

これは、GMOあおぞらネット銀行が提供している「預金債権保全くん」をQuQuMoが使っているためです。預金債権保全くんを活用しているからこそ、QuQuMoはスピーディーで高品質なサービスを提供できています。

\ 必要書類が少ないから簡単!入金まで最短2時間 /

【無料】今すぐQuQuMoへ申し込む

※手数料は業界最低水準の1%〜

ビートレーディングは15時までの契約なら即日入金に対応

ビートレーディング
スクロールできます
サービス名ビートレーディング運営会社株式会社ビートレーディング
審査時間最短2時間審査通過率98%(最大買取率)
必要書類売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)
売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
入金期間原則即日(15時以降の契約の場合は翌日になる場合も)
手数料4%~12%程度(2社間ファクタリング)
2%~9%程度(3社間ファクタリング)
利用可能額無制限
3万円~7億円の契約実績有り
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

ビートレーディングは、国内で最も利用者の多いファクタリングサービスです。

月に800件ものファクタリングをしており、累計3.7万社との取引があります。総ファクタリング金額も大きく、2022年3月時点で累計900億円以上となっています。

ビートレーディングは最短2時間で売掛債権の現金化が可能。2回目以降のご利用は、さらに入金までの速度が向上するため、ビートレーディングを取引先にしておけば、急な出費にも余裕を持って対応できます。

またビートレーディングは、一般的な「請求書」を使ったファクタリングだけではなく、注文書を使った注文書ファクタリングにも対応しています。

注文書ファクタリングなら、仕事が完了する前から資金調達ができるため、非常に便利です。

たとえば、工務店が大きな案件を受注したいが、案件用の材料費や人件費をまかなうだけの資金が手元にない、といった時でも、注文書ファクタリングで早めに資金調達すれば、案件用の費用を捻出できます。

\ 15時までに契約完了で即日入金可能 /

【無料】今すぐビートレーディングへ申し込む

※最短2時間で入金完了

アクセルファクターは最短ではなく原則即日入金

アクセルファクター
スクロールできます
サービス名アクセルファクター運営会社株式会社アクセルファクター
審査時間最短1時間審査通過率93%
必要書類請求書(売掛金が確認できる書類)
預金通帳(売掛先の入金確認ができるもの)
直近の確定申告書(所得税又は法人税)
身分証明書
入金期間原則として即日
手数料10%以上(100万円以下の場合)
5%以上(500万円以下の場合)
2%以上(1,000万円以下の場合)
個別設定(1,000万円を超える場合)
利用可能額最大1億円
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

アクセルファクターは、取引のスピードが早いファクタリング業者です。

ほとんどのファクタリングサービスは最短で即日入金と表記していますが、アクセルファクターの場合は原則として即日入金と公表しています。

実際に、アクセルファクターへファクタリングを申し込んだ人の半数以上が即日入金対応されています。

素早い対応をしてもらえるのは、法人だけではありません。個人事業主でも原則即日対応。また、ファクタリングする金額が少ない場合でも、契約を後回しにされてしまったりはしません。

アクセルファクターは、契約での柔軟性も優秀です。「請求書」がない場合など、ほかのファクタリングサービスでは契約を断られてしまうような状況でも、担当者が即座に代替書類の案内をして契約を進めてくれます。

【無料】アクセルファクターへ申し込む

ベストファクターの即日振込み実行率は高いが対面契約が必須

ベストファクター
スクロールできます
サービス名ベストファクター運営会社株式会社アレシア
審査時間最短30分審査通過率92.25%
必要書類身分証明書(免許証、パスポートなど)
取引先との契約関連書類(請求書・見積書・基本契約書など)
入出金の通帳(ネット銀行含む)
入金期間最短即日
手数料2~20%利用可能額30万円~1億円
2社間対応可能3社間非対応
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

ベストファクターは、2社間ファクタリングに特化したファクタリングサービスです。

特化しているだけにファクタリングのスピードが早く、「即日振込み実行率」は63.6%という高い数値を記録。また、公式サイトには「簡易診断シミュレーター」があり、いくつかの項目を入力するだけで調達できる金額を確認可能です。

ただし、ベストファクターのファクタリングは、対面での契約が必要になります。

ベストファクターの店舗に来店するか、担当者に自社(自宅)まで出張してもらわなければいけません。その代わり、契約するついでに「コンサルティング」をしてもらうこともできます。

しかもコンサルティング費用は無料です。まずはお気軽に相談してみましょう。

\ 無料のシミュレーションを試してみる /

【無料】ベストファクターの公式へ
3ステップで簡単に絞り込めます

事業体
状況別
契約方式

MSFJは最低買取可能額が低くて使いやすい即日ファクタリング

MSFJ
スクロールできます
サービス名クイックファクタリング
プレミアムファクタリング
法人専門ファクタリング
個人事業主様専門ファクタリング
フリーランス専門ファクタリング
運営会社MSFJ株式会社
審査時間最短即日審査通過率90%
必要書類身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
請求書
銀行通帳
入金期間最短即日
手数料3.8~9.8%(クイックファクタリング)
1.8~6.8%(プレミアムファクタリング)
3.8~9.8%(個人事業主様専門ファクタリング)
3~10%(フリーランス専門ファクタリング)
利用可能額30~100万円(クイックファクタリング)
5,000万円まで(プレミアムファクタリング)
10~500万円(個人事業主様専門ファクタリング)
10~1,000万円(フリーランス専門ファクタリング)
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主、フリーランス対応エリア日本全国

MSFJには、さまざまなファクタリングサービスがあります。まず、「法人」「個人事業主」「フリーランス」のそれぞれが専門サービスとして存在。

さらにファクタリングする売掛債権の金額によって、「クイックファクタリング」と「プレミアムファクタリング」という分類もあります。ただし、サービス内容自体には大きな違いはありません。

サービスごとの違いは、おもに「利用可能額」と「手数料」です。

MSFJでもっとも特徴的なのは、フリーランスのファクタリングにも対応しているところでしょう。ちなみにフリーランス以外の方は来店不要のファクタリングに対応していないので注意が必要です。

個人事業主が利用できるファクタリングサービスはそれなりにありますが、フリーランスも利用できるファクタリングサービスはめったにありません。

\ QuQuMoならフリーランスでも最短2時間でも入金 /

QuQuMoへのお申込みはこちら

メンターキャピタルは原則対面契約!東京在住の方向け

メンターキャピタル
スクロールできます
サービス名Mentor Capital運営会社株式会社 Mentor Capital
審査時間最短30分審査通過率非公開
必要書類査定申込書
売掛先からの入金が確認できる銀行通帳のコピー(3カ月分)
身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
請求書
入金期間最短即日
手数料5%以上(2社間ファクタリング)
2%以上(3社間ファクタリング)
利用可能額最大1億円
対象者法人・個人事業主対応エリア日本全国

メンターキャピタルは顧客満足度の高いファクタリング業者です。アンケート調査によると、92%という高い割合の人がメンターキャピタルとの取引に満足しています。

メンターキャピタルも申込みから入金までにかかる時間が少なく、最短即日でファクタリング可能です。

ただし、初回利用時は、メンターキャピタルの店舗に行くか、担当者に会いに来てもらうか、契約書類を「郵送」するか、いずれかの方法で契約しなければいけません。

WEB完結ファクタリングではないため、ほかの業者のファクタリングサービスよりも、やや面倒です。

郵送では時間がかかってしまうため、ご自身が来店するか、担当者に出張してもらうかのいずれかを選ぶことになりますが、メンターキャピタルの店舗の近くに住んでいない場合は、やはり時間がかかってしまいます。

実際、メンターキャピタルの利用客で多いのは、メンターキャピタルの店舗がある東京在住の方。東京のファクタリングをお探しの方にとっては非常におすすめです。

メンターキャピタルは、ファクタリングに債権譲渡登記が不要といった長所もあるのですが、東京近郊に事務所があるか、住んでいない場合は、利用するメリットが少ないファクタリングだと言えます。

ネクストワンは法人向けファクタリングで24時間対応

ネクストワン
スクロールできます
サービス名ネクストワン運営会社株式会社ネクストワン
審査時間最短1時間審査通過率96%(資金調達成功率)
必要書類顔写真付き身分証明書(免許証・パスポートなど)
会社謄本(履歴事項全部証明書)コピーでも可
決算書(直近2期分)
売掛先への請求書
成因資料(契約書・納品書・注文書・発注書など)
入出金の通帳・当座勘定表(当座を持っている場合)
小切手帳・手形帳(当座を持っている場合)
納税証明書
印鑑証明(買取先の件数により変化)
会社謄本(履歴事項全部証明書2通)
社判・実印
入金期間最短即日
手数料5%~10%(2社間ファクタリング)
1.5%~8%(3社間ファクタリング)
利用可能額最低30万円
上限無し
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人対応エリア日本全国

ネクストワンは、法人専用のファクタリングサービスです。そのため、個人事業主やフリーランスの方は別のファクタリングサービスを探さなくてはいけません。

また、法人でも「風俗業」を営んでいる場合は、ネクストワンを利用できないので、他社のサービスを使う必要があります。ネクストワンのファクタリングは、すべてオンライン上で完結可能です。

ネクストワンは、ファクタリングできる金額に上限がないのが特徴です。

そのため、他のファクタリングサービスでは、いくつもの業者に小分けにして資金化しないといけないような高額な売掛債権でも、ネクストワンだけで対応してもらえます。

ただし、ネクストワンが取り扱っているのは、振込日が60日以内の売掛債権のみです。それより長期の売掛債権を現金化したい場合は、他のファクタリングサービスを使うか、支払日の2カ月前まで待たなくてはいけません。

また、取引金額が高額になると、審査時間が伸びてしまうこともあります。なるべく早く資金調達したい場合は、売掛金の額にも注意してください。

>> ネクストワンの公式サイト

乗り換えでネクストワンを使うとお得

ネクストワンは、他社からファクタリングの乗り換えを推奨しています。乗り換えキャンペーンによって、他のファクタリング業者から乗り換えると手数料が値引きされるため、お得です。

ネクストワンのデータでは、平均で10%程度手数料が安くなった、とあります。また、乗り換えた人の満足度も「98%」という高い数値です。

ネクストワンでは、サイトに「手数料シミュレーション」があります。

手数料シミュレーションで、「ファクタリング形態(2社間ファクタリングor3社間ファクタリング)」「売掛債権の金額」「債権の何%を売却するか」「手数料」の4つを選ぶと、簡単に入金される金額を把握可能です。

このように、手数料のおおまかな目安がすぐにわかるため、安心してファクタリングサービスの乗り換えができるようになっています。

\ 乗り換えることで更にお得 /

【無料】ネクストワンへ申し込む

トップ・マネジメントは12年の実績があり最短30分で審査完了

トップ・マネジメント
スクロールできます
サービス名2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
ゼロファク
ペイブリッジ
運営会社株式会社トップ・マネジメント
審査時間最短30分審査通過率非公開
必要書類事業主の本人確認書類
売却希望(売掛金)の請求書
昨年度の決算書
直近7ヶ月の入出金明細
入金期間最短即日
手数料3.5~12.5%程度(2社間ファクタリング)
0.5~3.5%(3社間ファクタリング)
利用可能額最大3億円(総額)
売掛先1社に対して最大1億円まで
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

トップ・マネジメントは、12年以上運営しているファクタリングサービスで、これまで売掛債権を5万件以上買い取った実績があります。

上記で紹介したファクタリングサービスと違い、トップ・マネジメントは「個人事業主だからという理由で取引を断ることはない」と断言しているので、個人事業主でも安心して利用可能です。

審査や契約に時間がかからないWEB完結型のファクタリングは、メールでのやり取りで話が進んでしまって、詳しい説明を受けられないことがあります。

しかしトップ・マネジメントの場合は、「Zoom」や「GoogleMeet」を使ったオンライン面談ができるため、担当者と話し合って納得した上でのファクタリングが可能です。

また、トップ・マネジメントは長い経験で培ったノウハウが豊富なため、早ければ審査は30分で完了。さらに、ファクタリング契約完了が銀行の営業時間外でも、着金対応が可能です。

またトップ・マネジメントでは、国際規格の情報セキュリティISO27001に則って個人情報を保護しているため、情報が漏れる心配もありません。

\ 最短30分で審査完了 /

【無料】トップ・マネジメントへ申し込む

西日本ファクターは九州エリア在住の方なら即日入金

西日本ファクター
スクロールできます
サービス名西日本ファクター運営会社株式会社西日本ファクター
審査時間最短即日審査通過率非公開
必要書類商業登記簿謄本
印鑑証明書
基本契約書
銀行通帳(売掛先との取引を確認できるもの)
決算書(2期分)
確定申告書
請求書など
入金期間最短即日
手数料非公開利用可能額最大1,000万円(2社間ファクタリング)
最大3,000万円(3社間ファクタリング)
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、岡山県、広島県、山口県、大阪府、兵庫県

西日本ファクターは福岡をはじめ、九州を中心とした西日本で営業しているファクタリング業者です。

ただし対応エリア外からのファクタリング依頼に、まったく応じないというわけでもありません。相談次第では、本社から離れた地域からのファクタリング依頼にも対応しています。

西日本ファクターは対応エリアが限られていますが、じつは来店しての面談が必須というわけではありません。

WEBだけで、完全非対面でファクタリング契約を結ぶことも可能。しかし、原則として即日入金するのは、九州エリアからのファクタリング依頼に限られています。

西日本ファクターは、利用可能額が少ないという問題があるため、高額な売掛債権をファクタリングしたいという人には向いていません。

しかし、長期的に利用するほど手数料の値引きを受けられるため、九州エリアに住んでいる人にはおすすめのファクタリングサービスだと言えます。

【無料】西日本ファクターへ申し込む

S-COMはスピード見積りで素早い資金調達ができる

S-COM
スクロールできます
サービス名(最短即日)2社間ファクタリング
(低手数料)3社間ファクタリング
介護報酬ファクタリング
診療報酬ファクタリング
運営会社株式会社エスコム
審査時間最短即日審査通過率87.5(成約率)
必要書類顔写真付き身分証明書(免許証・パスポートなど) 
会社謄本(履歴事項全部証明書)コピーでも可
決算書(直近2期分)
売掛先への請求書
成因資料(契約書・納品書・注文書・発注書など)
入出金の通帳・当座勘定表(当座を持っている場合)
小切手帳・手形帳(当座を持っている場合)
納税証明書
印鑑証明(買取先の件数により変化) 
会社謄本(履歴事項全部証明書2通)
社判・実印 
入金期間最短即日
手数料5~12%(2社間ファクタリング)
1.5~8%(3社間ファクタリング)
利用可能額30万円~1億円
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人対応エリア日本全国

S-COMは法人専用のファクタリングサービスです。じつはS-COM公式サイトのFAQには、「個人事業主の方でもご利用はいただけます。」と書いてあります。

しかし、同サイトの「スピード簡単見積もり」では会社名が必須ですし、「手数料シミュレーション」でも、「個人事業主のお客様は当社ファクタリングはご利用いただけませんのでご了承ください」とあるため、現在は法人にしか対応していないようです。

S-COM公式サイトのスピード簡単見積もりを使うと、短時間で売掛債権を現金化できます。

「会社名」「氏名」「電話番号」「メールアドレス」「売掛債権の金額」「必要な資金額」を入力し、個人情報利用規約に同意するとファクタリング契約が進行。最短即日で入金までいけます。

ファクタリング利用可能額は1億円までとなっていますが、これは目安で、相談次第でさらに高額な売掛債権も売却可能です。

S-COMには手数料半額のお得なキャンペーンもある

お得な「キャンペーン」を実施しているのも、S-COMの魅力で、現在は、初めてファクタリングを利用する場合に「手数料が半額」になるキャンペーンをやっています。

かなり値引き率が大きいキャンペーンのため、初回利用時は、なるべく大きな額の売掛債権をファクタリングした方がメリットが大きいでしょう。

また、ほかのファクタリング業者から乗り換えた時に、「事務手数料」が無料になるキャンペーンも実施しています。ただし、これらのキャンペーンがいつまで実施されるかが明言されていないため、利用する場合は必ずS-COMの担当者に確認してください。

【無料】S-COMへ申し込む

事業資金エージェントは少額ファクタリングの実施速度が早い

事業資金エージェント
スクロールできます
サービス名事業資金エージェント運営会社アネックス株式会社
審査時間最短1時間審査通過率非公開
必要書類身分証明書
請求書など(売掛金の成因書類)
銀行通帳(直近3ヶ月の入出金がわかるもの)
決算書
入金期間最短3時間(500万円以下の場合)
最短即日(1,000万円まで)
手数料5%〜20%(2社間ファクタリング)
1.5~9%(3社間ファクタリング)
利用可能額最大3億円
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

事業資金エージェントは、少額ファクタリングに強みを持っているファクタリングサービスです。

500万円以下の売掛債権なら、最短3時間で現金化可能。ただし即日対応してもらえるのは、1,000万円までです。それ以上の金額の売掛債権になると、原則として最短3日かかってしまいます。

しかし少額取引には強く、20万円の売掛債権を5%の手数料でファクタリングした実績があります。そのため、少ない売掛金で素早く資金調達したいなら、事業資金エージェントは優れています。

ウィットは小口・少額ファクタリングに特化している

ウィット
スクロールできます
サービス名ウィット運営会社株式会社ウィット
審査時間最短2時間審査通過率非公開
必要書類身分証明書
請求書など
銀行通帳(入出金確認書類)
入金期間最短即日
手数料非公開利用可能額規定なし
2社間対応可能3社間非対応
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

ウィットは、少額の売掛債権に特化したファクタリングサービスです。

ファクタリング上限額は低いものの、手続きが早く、最短2時間で成約した実績を複数持っています。

また、上限額は500万円となっていますが、500万円以上の売掛債権のファクタリングが不可能というわけではありません。大きな売掛債権をファクタリングしたい人は、担当者に相談してみてください。

ウィットにも、無料コンサルティングサービスがあります。

このコンサルティングで提案される資金調達方法は、ウィットのファクタリングに限りません。ウィットの担当者は、さまざまな資金調達方法に精通しているため、事業状態に合わせた最適な方法を提案してくれます。

anewは最長120日という支払日が遠い売掛債権もファクタリング可能

anew
スクロールできます
サービス名anewクラウドファクタリング運営会社OLTA株式会社
審査時間1営業日以内審査通過率非公開
必要書類本人確認書類(免許証、パスポートなど)
請求書
入出金明細(保有する全銀行口座4カ月分)
前年度の決算書一式
入金期間最短即日
手数料2~9%利用可能額上限無し
2社間対応可能3社間非対応
対象者法人対応エリア日本全国

anewクラウドファクタリングは、新生銀行OLTA株式会社が共同で実施している事業です。

ファクタリング対象は、法人のみで個人事業主には対応していません。ただし同じ運営会社のファクタリングサービスで、個人事業主向けのものも存在します。

多くのファクタリングサービスでは、利用できる売掛債権の支払期限は2カ月以内程度です。しかしanewクラウドファクタリングの場合は、最長「120日後」が期限となっている売掛債権でもファクタリングできます。

OLTAはWEB完結でスピーディーな資金調達ができる

OLTA
スクロールできます
サービス名OLTAクラウドファクタリング運営会社OLTA株式会社
審査時間1営業日以内審査通過率非公開
必要書類本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
確定申告書
請求書
銀行通帳(4カ月分の入出金がわかるもの)
入金期間最短即日
手数料2~9%利用可能額上限無し
2社間対応可能3社間非対応
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

OLTAクラウドファクタリングは、利用事業者が1万、利用金額が累計900億円を超えている人気のファクタリングサービスです。

OLTAクラウドファクタリングは、anewクラウドファクタリングと同様にOLTA株式会社が運営しています。そのため、原則として両者にサービス内容の違いはありません。

2つのサービスで違うのは「利用対象」です。

法人の高額ファクタリングはanewクラウドファクタリングを、法人の少額ファクタリングや個人事業主はOLTAクラウドファクタリングを、といった棲み分けがされています。

OLTAクラウドファクタリングでは、売掛債権の一部現金化が可能です。たとえば、1,000万円の売掛債権を持っている場合、そのうちの500万円分だけをファクタリングすることもできます。

ジャパンマネジメントは東京と福岡の近くに拠点があると使いやすい

ジャパンマネジメント
スクロールできます
サービス名ジャパンマネジメント運営会社株式会社ラインオフィスサービス
審査時間最短即日審査通過率非公開
必要書類非公開入金期間最短当日
手数料10~20%(2社間ファクタリング)
3~10%(3社間ファクタリング)
利用可能額20~5,000万円
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

ジャパンマネジメントは、東京と福岡にサービス拠点を持っているファクタリングサービスです。ジャパンマネジメントでは、債権譲渡登記無しでファクタリングを利用できます。

ただし原則として、契約には面談が必要です。

店舗に行くか、担当者に出張してもらわなければいけません。しかし、離島在住などで出張費が高くなりそうな場合は、メールなどのやり取りだけで契約ができることもあります。

【無料】ジャパンマネジメントへ申し込む

三共サービスは初回ファクタリング時には事務手数料が無料になる

三共サービス
スクロールできます
サービス名三共サービス運営会社株式会社三共サービス
審査時間最短即日審査通過率非公開
必要書類顔写真付き身分証明書(免許証・パスポートなど)
会社謄本(履歴事項全部証明書)コピーでも可
決算書(直近2期分)
売掛先への請求書・成因資料(契約書・納品書・注文書・発注書など)
入出金の通帳・当座勘定表(当座を持っている場合)
小切手帳・手形帳(当座を持っている場合)
納税証明書
入金期間最短即日
手数料1.5%以上(かけ目80~90%)利用可能額50~3,000万円
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人対応エリア日本全国

三共サービスは、2001年から営業しているファクタリング業者です。

営業期間が長い分、信頼性も高いと言えます。

また、他社サービスからの乗り換えに力をいれており、乗り換えすると10%程度手数料が割引されるキャンペーンを実施中です。乗り換え後の顧客満足度は98%という高い数値を記録。

ただし三共サービスの場合、手数料以外に「事務手数料」を取られます。

事務手数料は、ファクタリング金額100万円につき、1万円程度です。キャンペーンとして、初めてファクタリングを利用する場合は、初回分だけ事務手数料が無料になります。

アンカーガーディアンは西日本エリアに住んでいる人が使いやすい

アンカーガーディアン
スクロールできます
サービス名アンカーガーディアン運営会社株式会社アンカーガーディアン
審査時間最短即日審査通過率非公開
必要書類請求書
銀行通帳
入金期間最短即日
手数料5%以上(2社間ファクタリング)
3%以上(3社間ファクタリング)
利用可能額最大5,000万円
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア関西、九州

アンカーガーディアンは、関西と九州を主な対応エリアとした地域密着型のファクタリング業者です。

ファクタリング業者は東京に集中しているため、東京から離れた地域に住んでいる人ほど、ファクタリング利用時に郵送費、交通費、出張費などのよけいな費用がかかってしまいます。

しかし関西や九州に住んでいる人は、アンカーガーディアンを使えば、無駄な経費を抑えてすばやく売掛債権の現金化が可能。また、アンカーガーディアンでは、交通費の請求をしていません。

さらにアンカーガーディアンは、付き合いが長くなるほど手数料が安くなっていくため、長くファクタリングを使っていきたい人に向いたサービスとなっています。

ファクタリングジャパンは入金速度は早いが諸経費がかかる

ファクタリングジャパン
スクロールできます
サービス名ファクタリングジャパン運営会社株式会社Frontierfort
審査時間最短即日審査通過率非公開
必要書類非公開入金期間最短即日
手数料1%以上(かけ目80~90%)利用可能額50万円~1億円(1社ごと)
3億円まで(総額)
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

ファクタリングジャパンは、手数料が最低1%、利用可能額は3億円まで、最短即日入金、とバランスがよいファクタリングサービスです。

個人事業主でも利用可能で、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらにも対応と、ファクタリングジャパンのサービスにはスキがありません。

ただし、ファクタリングジャパンを使った場合、「振込手数料」「印紙代」「交通費」「債権譲渡登記費用」などの諸経費がかかるのがデメリットです。

売掛債権の金額が大きければ、諸経費が占める割合が下がるため、気にするほどのことではないかもしれません。しかし少額のファクタリングをする場合は、諸経費による負担が重くのしかかってしまうでしょう。

ライジング・インベストメントマネジメントは3社間ファクタリングが得意

ライジング・インベストメントマネジメント
スクロールできます
サービス名ライジング・インベストメントマネジメント運営会社株式会社ライジング・インベストメントマネジメント
審査時間最短即日審査通過率非公開
必要書類非公開入金期間最短即日
手数料1.5%以上利用可能額30~5,000万円
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主対応エリア日本全国

ライジング・インベストメントマネジメントは、スピードを重視するファクタリング業者としては珍しく、3社間ファクタリングをメイン業務にしています。

実際、2社間ファクタリングをするつもりで申し込んでも、3社間ファクタリングを勧められることも。

ただし、3社間ファクタリングをする場合は、取引先企業との交渉にも協力してくれるため、3社間ファクタリングの成功率は悪くありません。

ライジング・インベストメントマネジメントの欠点は、「審査費用」がかかってしまうという点です。

口コミによると、1社ごとに審査費用5,000円取られた、とありますので、「相見積もり」で1番良いファクタリングサービスを探す、といった方法には向きません。

買速は入金スピードに特化したファクタリング

買速
スクロールできます
サービス名法人向けファクタリング
個人事業主特化ファクタリング
スピード特化ファクタリング
大阪向けファクタリング
運営会社買速
審査時間最短30分審査通過率92%
84%(大阪向けファクタリング)
必要書類身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
請求書
銀行通帳
入金期間最短30分
手数料2~10%利用可能額10万円~1億円
10万円~無制限(大阪向けファクタリング)
2社間対応可能3社間対応可能
対象者法人、個人事業主、フリーランス対応エリア日本全国

買速は、圧倒的な入金速度を誇るファクタリングサービスです。

最短30分という早さでファクタリング可能。また、買速では、かかる費用が「手数料」のみで、そのほかの費用はかかりません。

交通費や債権譲渡登記手数料、印紙代など、手数料以外にさまざまな費用を取るファクタリング業者もいるなか、手数料だけですむというのは大きなアドバンテージだと言えるでしょう。

また買速は、取引の柔軟性にも優れています。

たとえば、初めて取引する企業からの売掛債権は、リスクが高いため、ファクタリングしないという業者が多数派です。しかし買速なら、ファクタリングできる可能性があります。

他に売掛債権を出しているのが法人ではなく個人事業主の場合も、通常はファクタリングできません。しかし、買速なら対応できることもあります。

即日ファクタリング会社の選び方は手数料・審査通過率で比較

ファクタリングの手数料

ファクタリング業者を選ぶ際には、次のようなポイントに注意してみてください。

  • 手数料の安さ
  • 売掛債権の金額に合ったサービスかどうか
  • 法人向けなのか個人事業主むけなのか

では、ファクタリングサービスの選び方について、詳しく見ていきましょう。

ファクタリング即日では原則2社間!手数料が安いかを比較する

2社間ファクタリングの図解

なるべく早く売掛債権を現金化したいなら、即日入金対応の2社間ファクタリングを選ぶのが賢明です。

3社間ファクタリングは申込者の取引先企業と交渉が必要になるため、契約までに時間がかかってしまいます。ただし、取引先企業の同意を得られている際は、3社間ファクタリングでもスピーディーな資金調達が可能です。

また、速度だけを重視すると、損が大きくなってしまう可能性があります。ファクタリング利用時には、手数料や諸経費の安さも大事なポイントです。

もちろん、速度と費用のどちらを重視するかは状況によります。本当に1回だけファクタリングで急場をしのげればよいなら、費用度外視で速度だけを考えてもかまいません。

逆に、手元資金が足りなくなった場合に、今後もファクタリングを利用するつもりなら、資金調達プロのファクタリング相見積もりサービスなどを利用して、なるべく費用が安いファクタリングサービスを探しましょう。

売却する売掛債権の金額に合ったファクタリングサービスか?

お金

ファクタリングサービスには、それぞれ得意とする売掛債権額(売掛金)があります。

たとえば、小口のファクタリングをメインにしているファクタリング業者に、大口の売掛債権を持っていってしまうと、審査に長時間かかってしまうことも。

逆に法人の大口ファクタリングをおもにやっている業者は、10万円や20万円程度の売掛債権だと相手にしてくれないか、高額な手数料を取る可能性があります。

ここ1社でどんな売掛債権でも大丈夫、というところはありません。売掛債権の金額に合わせて利用するファクタリングサービスを変えましょう。

法人と個人事業主のどちら向けのファクタリングなのか確認

ファクタリングサービスによって利用対象としている事業者が異なります。「法人専用」「個人事業者専用」のいずれか、もしくは両方を利用対象にしているのが一般的です。

法人向けのファクタリングが多いものの、個人事業主向けのファクタリングフリーランス向けのファクタリングもあります。いずれにせよ、自分が利用できないファクタリングに相談しても時間の無駄です。

最初にファクタリングサービスの利用対象事業者は確認しておきましょう。この場合の利用対象は、あくまで自分が法人か個人かが問題になります。売掛先がどうであるかは関係ありません。

ファクタリングで売掛債権を即日現金化するポイント

お金を出金している写真

ファクタリングで売掛債権をなるべく早く現金化したい場合は、次のような点に注意してみてください。

  • 必要書類を用意しておく
  • オンライン上で契約できるファクタリング業者を使う
  • なるべく早い時間から申し込む

では、売掛債権をスピーディーに現金化するコツについて、詳しく見ていきましょう。

必要な書類をあらかじめ用意しておく

書類を入れた便箋

ファクタリング業者に申し込みをすると、担当者が必要書類について案内してくれます。

しかし、指示があってから書類を用意していると、短時間での契約ができません。そのため、すばやく売掛債権を現金化したいなら、必要書類をあらかじめ用意しておく必要があります。

ファクタリングに必要な書類

ファクタリングでまず使われるのは、次の3種類の書類です。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 請求書(売掛債権の存在を確認できる書類)
  • 銀行通帳

どのファクタリングサービスでもこの3つは使われるため、確実に用意しておきましょう。

銀行通帳のコピーは、持っているすべての通帳のものが必要です。期間は半年程度あれば十分でしょう。このほかに、次のような書類も求められることがあります。

  • 決算書(法人)
  • 確定申告書(個人事業主)
  • 売掛先との基本契約書
  • 商業登記簿謄本(法人)
  • 印鑑証明書

決算書や確定申告書は、直近の2~3年分の提出を求められるのが一般的です。基本契約書は、結んでいないケースも多いため、必須ではありません。普通は注文書など、そのほかの書類を基本契約書の代わりにすることができます。

何度も審査に落ちてしまう方は「審査甘いファクタリングはコレ!誰でも通る?」を参考にして下さい。

オンライン上で契約が完結できるファクタリングを利用する

オンライン上で契約が完結できるファクタリング

対面型のファクタリングは、詳しく説明を聞けるというメリットがありますが、どうしても契約までのスピードは遅くなってしまいます。

そのため、入金速度を早めたいなら契約から入金までの手続きがWeb上で完了する、オンラインのファクタリングを利用しましょう。

ただし、ファクタリング業者が自社(自宅)のそばにあったり、何度か利用したことがあって担当者と懇意になっているファクタリング業者がいる場合は、来店して契約したほうが早く資金調達できることもありえます。

なるべく朝早くからファクタリング申し込みをする

午前11時

遅い時間にファクタリングの申し込みをすると、審査結果が出るのが翌日になってしまうことがあります。

あるいは審査結果が出て契約が結べても、銀行の営業時間外になってしまうとお金を振り込んでもらえません。

そのため、早く現金が欲しいなら、なるべく早い時間に申し込みをする必要があります。遅くても午前中に、可能なら朝早くに申し込むようにしましょう。

即日ファクタリングに関するよくある質問

オンライン完結ファクタリングで即日入金の業者はありますか?

オンライン完結できるファクタリング業者でも「QuQuMo」はオンライン完結かつ、最短2時間で入金可能。また、法人はもちろん、個人事業主やフリーランスでも利用できます。

手続きが簡単なファクタリング業者の特徴について知りたいです。

手続きが簡単なファクタリング業者には、いくつかの特徴があります。まず「ネット上」だけで手続きがすむということです。また、「AI審査」のファクタリング業者は、手続きが簡単な傾向があります。ほかには、審査や入金までの日数が早いファクタリング業者も、あまり複雑な手続きを要求してきません。

AI審査のファクタリングは「QuQuMo」と「PayToday」、「LINK」の3つです。

審査無しのファクタリング即日入金サービスはありますか?

審査無しで即日入金のファクタリングは存在しません。ファクタリングは売掛債権(売掛金)によって成り立つものです。その売掛債権を審査せずに利用できるファクタリングがあるとすれば、それは違法なファクタリングです。

土日でも即日入金に対応しているファクタリングはありますか?

えんナビやラボル事業資金エージェントは土日でも審査・入金に対応しています。

目次