スタートアップ(開業・会社設立)支援価格を設定しています! 詳しくはこちら >>

福岡の記帳代行・経理代行サービス|福岡の税理士

目次

記帳代行とは?

記帳代行という言葉は何となく分かるけれども、小規模事業者の経営者の中には自分の会社には関係ないと思っている人もいるです。

そもそも記帳代行とはどのような事なのかと言うと、会計帳簿を作成する業務をお客様に代わって代行するサービスのことを指しています。

経理担当者が常駐するほどの会社の場合には、日々の記帳には慣れていることでしょう。そのため簡単に業務をこなしてしまうかもしれませんが、万が一経理の担当者がいなくなってしまったり、起業間もない会社の場合には、新たに雇い入れる予定があるかもしれません。

記帳は義務なの?

株式会社などの法人であれば、青色申告がほとんどとなりますので、その場合に記帳は必ず必要です。一方、個人事業の場合には規模によっては、厳密な記帳を必要としない場合があります。(白色申告など…)

記帳代行した方がかえってお得になるケースも多い!

厳密な記帳をする義務がない白色申告の個人事業者でも、青色申告を申請し、複式簿記により記帳をすることで青色申告控除を最大65万円受けることができるため、結果的に記帳代行を依頼した方が税金が安くなり、特になるケースも多くあります。

記帳代行を依頼するケース①

経理がいない小規模事業者の場合、経営者自ら又は家族が領収書や会計ソフトへの入力作業などを日々行わなければなりませんが、自分の会社でこのような作業を行う者がいない場合には、記帳代行を利用することも有効となります。

記帳代行を依頼するケース②

忙しすぎて会計帳簿を作成する時間が無いという場合にも有効と言えるでしょう。主にこの記帳代行は税理士事務所が担当することがほとんどですが、中には代行サービスを業務にしている会社も福岡などの都市部では存在しています。

料金やサービスの質などを比較した上で、自分の会社に見合った記帳代行を探すことが求められます。一般的に、税理士に依頼する場合は、セットで頼んだ方が安くなります。

記帳は一般的になっている

近年では事業を営んでいる人であれば、記帳は当たり前の作業になってきています。理由の一つに、課税売上高が1,000万円を超える場合は消費税の課税事業者になりますが、その場合は会計帳簿が必要だからです。

白色申告でも記帳が前提

以前は記帳についてはすべての事業者が対象ではありませんでした。(以前は消費税も3,000万円以上が課税事業者)
記帳や記帳の保存の義務についても一部の人のみに限られてました。。

しかし、やはり記帳がなされていなければ、税務調査が入った時などには、その透明性を担保することができないなど様々なトラブルが生じてきました。このようなことから平成26年の法律の改正により、全ての白色申告者に対し、記帳や記帳の保存が義務付けられたのです。

記帳代行の契約期間は?


通常、顧問税理士に依頼した場合には、決算申告を含めた上での契約になっている可能性が高いため、簡単には変更できないかもしれません。記帳代行サービスには様々なものがありますが、顧問税理士に依頼する場合通常1年契約がほとんどです。
なお、野村税理士事務所の場合は、気軽にご依頼いただけるように契約は1ヶ月~としています。

記帳代行のメリット

記帳代行を使うメリットとしては、作業の手間が省けたりコストダウンが図れること、作業が迅速かつ正確であることなど様々なメリットが挙げられます。
それと何といっても、記帳代行によって経営状況が把握できるため、節税対策ができるということです。

にせ税理士に注意

場合によっては税理士の資格がないにもかかわらず、税理士のような税務指導等を行っている違法な業者が福岡にもいるようです。また、業者によっては価格設定が分かりにくいこともあるので、利用する場合には自分の会社にとって一番適した貴重方法を選択することが重要となるでしょう。

記帳代行は税理士以外にも頼めますが、税務上のアドバイスを受けることはできませんので、節税対策などは基本的に税理士事務所に依頼しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる