MENU

フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選【2024年3月】

フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選【2024年3月】

ファクタリングは、保有している売掛債権を早期に現金化することができる金融サービスです。

融資に比べて、入金スピードが早く、審査通過率も高いため、主に資金繰りが難しい傾向にある中小企業に利用されていますが、近年ではフリーランス向けにサービスを提供するファクタリング会社も増えてきています。

しかし、開業届を提出していないフリーランスは、開業届を提出している個人事業主に比べて、社会的信用力が低いため利用できるファクタリングサービスが限られています。

また、取り扱う売掛債権の額面が少ないことから、審査落ちしてしまうケースも珍しくありません。そこで本記事では、フリーランスも利用可能なおすすめのファクタリングをピックアップして10社をご紹介していきます。

フリーランスの方向けに、ファクタリングの選び方から審査通過するコツまで解説しますので、参考にしてください。

この記事の内容

フリーランス向けファクタリングのおすすめ業者9選

フリーランス向けファクタリングのおすすめ業者9選

フリーランス向けのファクタリングサービスは以下の10社です。

それぞれ詳しく解説していきます。

QuQuMoは手数料1%〜で最短2時間で入金

QuQuMo
売掛先の指定指定なし
審査通過率98%〜
手数料1%〜
最低利用価格上限なし
入金期間最短2時間
必要書類請求書・通帳のコピーのみ

QuQuMoはオンライン上で申込みから入金まで完結できるファクタリングサービスです。QuQuMoの公式サイトにアクセス後、10分もかからずにお申し込みが完了します。

手数料1%〜、審査通過率98%〜、入金速度最短2時間と他社と比較しても圧倒的なステータスを誇ります。また、必要書類は請求書と通帳のコピーだけと負担が少ないため、フリーランスの方は真っ先に検討するべきでしょう。

入金速度は最短2時間ですが、これは必要書類が揃っていることが前提です。とは言え、QuQuMoの必要書類は請求書と通帳のコピーの2点なので、決して難易度は高くありません。

他社で審査落ちしたフリーランスの方、売掛先(取引先)が個人なので断られた、必要書類が多くてお申し込みするのが面倒、そんな方は是非QuQuMoを使ってみて下さい。

\ フリーランスならQuQuMoへ /

【無料】QuQuMoへ申し込む

ラボルはフリーランス向けで即日払い対応

ラボル
売掛先の指定法人のみ
審査通過率記載なし
手数料一律10%
最低利用価格1万円
入金期間最短60分
必要書類・身分証明書 ・請求書 ・取引を証明できる書類

ラボルはフリーランスや個人事業主向けのファクタリングで、必要書類が少ないファクタリングとして人気を誇ります。

2021年12月設立とサービス運営歴は浅いものの、東証プライム上場企業である株式会社セレスが運営元となっているため、安心して利用することができます。

同社は、フリーランス・個人事業主限定でサービスを提供しているため、もちろんフリーランスの方でも利用することが可能です。また、1万円からの少額の請求書もファクタリングすることができるため、開業間もないフリーランスの方にも使いやすいサービスとなっています。

最大の魅力は、なんといっても入金スピードです。業界最速水準の最短60分で請求書を現金化することができるうえ、365日24時間対応しているため、急にお金が必要になった時にも活用することができます。

また、決算書などの面倒な書類が不要であるうえ、オンライン完結で利用することができるため、利用に掛かる手間や時間を最大限に抑えることが可能です。

さらに、手数料が一律10%と決まっているため、他社では高額な手数料を請求される可能性のある請求書でも、手数料が10%を超えることがありません。

事前に調達できる金額を予測することができるため、調達資金の使い道を事前に考えることもできます。しかし、請求書の額面が高額である場合は、手数料が高額になってしまうケースもあるため、注意が必要です。

\ 土日・祝日も入金可能 /

【無料】ラボルへ申し込む

ペイトナーファクタリング(旧:yap)

ペイトナーファクタリング(旧:yap)
売掛先の指定指定なし
審査通過率記載なし
手数料一律10%
最低利用価格1万円
入金期間最短10分
必要書類・請求書

ペイトナーファクタリングは、東京都港区に本社を構えるペイトナー株式会社が運営しているフリーランス・個人事業主向けのファクタリングサービスです。

オンライン完結で利用することができるうえ、電話やメールでのやり取りが一切不要であるため、自分の好きなタイミングで利用することができます。また、必要書類は請求書のみなど、利用者側の負担が少ないという特徴があります。

最大の魅力は、なんといっても入金スピードです。申し込みから最短10分という他社と比較しても圧倒的な入金スピードを誇っています。これはAIが提出された書類に基づいて、スピーディに審査を行っているからです。審査完了と同時に入金手続きも行われるため、資金繰りが難しい傾向にあるフリーランスにとっては安心して利用することができるファクタリングサービスだといえます。

また、手数料が一律10%に固定されているため、売掛先の信用力や売掛債権の内容によって手数料が高くなってしまう心配がありません。ファクタリングは利息制限法の適応外であるため、ファクタリング会社側が自由に手数料を設定することができます。同社の手数料一律10%は、2社間ファクタリングの手数料相場の最低水準であるため、低めの手数料だといえますが、手数料の上限が一桁台のファクタリングサービスもあるため、場合によっては他サービスよりも手数料が高くなってしまう可能性があるため、注意が必要です。

しかしながら、個人間での売掛債権も利用できることや1万円の少額債権から買取対応していることから、フリーランスにピッタリのファクタリングサービスだといえるでしょう。

【無料】ペイトナーへ申し込む

事業体
状況別
契約方式
画面下にある検索ボタンを押してください。

PayTodayは即日振込が最短30分で可能

PayToday
売掛先の指定記載なし
審査通過率記載なし
手数料1%~9.5%
最低利用価格10万円
入金期間最短30分
必要書類・直近の確定申告書 ・事業用個人名義口座の直近6ヶ月分の入出金明細 ・請求書 ・身分証明書

PayTodayは、東京都港区に所在しているDual Life Partners株式会社が運営するAIファクタリングサービスです。累計申込額は50億円を突破しており、利用者の3分の1がフリーランスとなっています。

AIを用いた独自の審査を行っているため、面談不要、オンライン完結で利用することができます。WEBからの申し込みと、必要に応じた電話面談のみで契約することができ、最短30分で資金調達を行うことが可能です。

人ではなくAIが審査を行っており、確実性の高い債権のみを買取ることができるため、1%~9.5%という業界最低水準の手数料を実現しています。手数料が高くなりやすい傾向にあるフリーランスでも10%以下の手数料で利用することが可能です。また、同サービスでは掛目を使用しておらず、債権の額面100%から手数料を引いた金額を資金調達することができます。

さらに、一般的なファクタリングサービスでは支払いサイト30日~60日までの対応となりますが、同サービスでは最大で支払いサイト90日の売掛債権にも対応しています。10万円~の少額債権の買取にも対応しているため、フリーランスでも問題なく利用することが可能です。

フリーランスの方でも好条件でファクタリングを利用することができるため

  • 新規案件の依頼を受けるための必要資金が手元にない
  • Web広告など、タイミングが重要となる施策を出したいが十分な資金を準備することができない
  • フリーランスになりたてで運転資金が足りない

など、様々な悩みを解決することができます。

【無料】PayTodayへ申し込む

MSFJのフリーランス専門ファクタリング

MSFJのフリーランス専門ファクタリング
売掛先の指定記載なし
審査通過率90%以上
手数料3%~10%
最低利用価格10万円
入金期間最短60分
必要書類・身分証明書 ・通帳のコピー ・請求書 ・発注書

MSFJは、東京都豊島区に所在するファクタリング会社です。ファクタリング事業の他、建設・建設業向け斡旋サービスおよびコンサルティング事業を手掛けています。

同社では、利用者の要望に合わせた3つのファクタリングプランを用意しているため、入金スピードや手数料など、自身が重視している点に合わせたファクタリングサービスを利用することができます。また、法人や個人事業主、フリーランスなど、業務形態に合わせたファクタリングサービスも提供しているため、フリーランスの方でも問題なく利用することができます。

同社の「フリーランス向け即日ファクタリングサービス」は、オンライン完結で利用することが可能です。わざわざ同社を訪問して対面で面談する必要がないため、地方在住のフリーランスの方でも問題ありません。また、審査スピードも早く、申し込みから最短60分で売掛債権を現金化することができるため、資金繰りの悪化や急な支払いが発生した場合など、急を要する場合にも活用することができます。

業界最低水準3%~10%の手数料で利用できることも嬉しいポイントだといえるでしょう。フリーランスは、法人と比べて手数料が高くなりやすい傾向にあるため、手数料の高さが原因でファクタリングの利用を控えてしまう方も少なくはありません。しかし、同社では法人がファクタリングを利用する場合とほとんど変わらない手数料で利用することができるため、フリーランスの方でも安心してファクタリングを利用することができます。

また、1回の利用だけでなく、複数回の利用が可能です。複数回利用することによって、手数料の割引などの特典があるため、同社を利用すればするほどお得な手数料でファクタリングを利用できるようになります。

FREENANCE(フリーナンス)

FREENANCE(フリーナンス)
売掛先の指定法人のみ
審査通過率記載なし
手数料3%~10%
最低利用価格1万円
入金期間最短30分
必要書類・身分証明書 ・請求書

FREENANCE(フリーナンス)は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営しているフリーランス・個人事業主を支えるお金と保険のサービスです。

お金のサービスでは、請求書の早期現金化、つまりファクタリングサービスを利用することができます。会員登録後すぐに利用することができ、最短30分で資金調達を行うことが可能です。他社のファクタリングサービスと比較しても入金スピードが早いため、支払いの立て替えや急な出費にも活用することができます。また、2社間ファクタリングでの利用となるため、売掛先にファクタリングの利用がバレてしまう心配もありません。

手数料も3%~10%と比較的低いため、資金繰りの改善に活用することも可能です。手数料は、フリーナンス内における利用者の信用度を1000点満点で表した「与信スコア」によって決定されます。与信スコアは、利用回数や収入証明書の提出、電話インタビューなどによって上昇し、与信スコアが高くなれば高くなるほど、低い手数料で利用できる仕組みとなっています。

保険のサービスでは、入院時などの所得を補償する「あんしん補償プラス」や仕事中の事故を最高5,000万円まで補償する「フリーランスあんしん補償Bsic」があります。会社員とは異なり、仕事に対する責任をすべて個人で被る必要があるフリーランスにとっては、ありがたいサービスだといえるでしょう。

お金のサービスと保険のサービスを利用するためには、フリーナンスで会員登録を行い専用口座を開設しなければいけませんが、口座開設には審査があるためフリーランスしての信用力向上にもつながります。

【無料】FREENANCEへ申し込む

GMOフリーランスファクタリング

GMOフリーランスファクタリング
売掛先の指定法人のみ
審査通過率記載なし
手数料一律9.5%
最低利用価格1万円
入金期間最短30分
必要書類・請求書 ・身分証明書

GMOフリーランスファクタリングは、FREENANCEの運営も手掛けているGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営しているファクタリングサービスです。

サービス名を見れば分かるように、フリーランスに特化したファクタリングサービスを提供しています。FREENANCEとは異なり、面倒な会員登録が不要で、原則請求書のみで審査に申し込みをすることができます。

審査が終わり契約を結ぶ際には、身分証明書の提出が必要となりますが、審査内容に不備がなければ、申し込みから最短30分で資金調達することが可能です。売掛先との基本契約書などの面倒な書類や担保・保証人も不要であるため、利用者側の負担がかなり少ないファクタリングサービスだといえるでしょう。

また、手数料が9.5%の一律となっているため、利用前に調達できる金額を計算することができるというメリットがあります。他社では10%を超える手数料を提示される可能性のある売掛債権であっても、同サービスであれば10%以下の手数料で利用することが可能です。

同サービスは、基本的に2社間ファクタリングでの利用となります。2社間ファクタリングでは、ファクタリングの利用に関して売掛先に通知がいかないため、売掛先にファクタリングを利用したことが知られる心配がありません。フリーランスは、資金力のなさから資金繰りに苦労していることを売掛先に知られてしまうと、取引を切られてしまう可能性があります。その点、売掛先に知られずに資金調達できることは、フリーランスにとって大きなメリットだといえるでしょう。

株式会社ウィットは24時間365日オンライン対応

株式会社ウィット
売掛先の指定記載なし
審査通過率記載なし
手数料記載なし
最低利用価格30万円
入金期間最短2時間
必要書類・身分証明書 ・通帳のコピー ・請求書 ・印鑑証明書 ・決算書 ・見積書 ・許認可書

株式会社ウィットは、東京都新宿区に本社を、仙台市と福岡市にもそれぞれ営業所を構えているファクタリング会社です。ファクタリング事業のほか、経営コンサルタント事業、インターネット、印刷媒体等に対する広告の企画、立案、制作業務など幅広い業務を手掛けています。

同社は500万円以下の少額債権を専門にしたファクタリング会社で、融資を受けることが難しい中小企業や個人事業主、フリーランス向けにファクタリングサービスを提供しているため、一般的なファクタリングサービスよりも審査が緩いという特徴があります。また、非対面で契約まで結ぶことができるため、どこからでも電話1本で資金調達を行うことが可能です。

申し込みから最短2時間で資金調達を行うことができるため、資金繰りの悪化や急な支払いが発生した場合など、緊急を要するケースでも活用することができます。また、経営コンサルタント事業も手掛けているため、ファクタリングによる資金調達だけでなく、資金繰りの安定化や経営改善に関するサポートを受けることも可能です。

独立から間もないフリーランスは、資金繰りが難しく、最悪の場合再就職の道を選択しなければいけない可能性もあるため、同社が提供しているファクタリングサービスに加え、経営コンサルタントサービスを受けてみてはいかがでしょうか。

バイオンのAIファクタリングは5万円から使える

バイオンのAIファクタリング
売掛先の指定指定なし
審査通過率記載なし
手数料一律10%
最低利用価格5万円
入金期間最短60分
必要書類・身分証明書 ・昨年度の決算書 ・通帳のコピー ・請求書 ・売掛先との取引が確認できる書類(発注書など)

バイオンは、株式会社バイオンが運営しているAIファクタリングサービスです。

フリーランスの方でも利用できるように5万円の売掛債権から利用することができるなど、フリーランスの方の利用を歓迎しています。実際に公式サイトにも「フリーランスの方大歓迎」との記載があるため、他社の審査で落ちてしまったフリーランスの方でも十分に利用できる可能性があります。

最大の魅力は、なんといっても入金スピードです。AI審査を行っているため、審査スピードがとにかく早く、申し込みから最短60分で資金調達を行うことが可能です。また、2社間ファクタリングのみ提供しているため、売掛先への通知はもちろん、債権譲渡登記を行う必要もありません。そのため、売掛先に知られることなく、ファクタリングを利用することができます。

同社の利用にかかる料金は、一律10%の手数料のみです。初期費用や月額費用が掛からないため、実際に調達することができる金額を計算しやすいというメリットがあります。継続利用により、手数料が割引されることはないものの、手数料が10%に固定されているため、手数料が高くなりやすいフリーランスの方でも安心です。

フリーランスのファクタリングの選び方

フリーランスとは、企業や組織に所属せず、個人で仕事を行う働き方のことです。職種に限らず、個人で仕事を行うことができるスキルがあれば、誰でもフリーランスになることができます。

しかし、フリーランスは自ら営業活動を行わなければならないだけでなく、受注から納品まで依頼を受けた仕事の全てを自己責任で遂行しなければいけません。

そのため、フリーランスは複数の従業員が所属する法人や個人事業主と比べて、収入が安定しないという傾向にあります。また、売掛先の企業規模が小さいケースが多いため、売掛金の未回収リスクも高いといえるでしょう。

ファクタリングの取引後に売掛金が未回収となった場合、ファクタリング会社側が全ての損失を受けることになります。そのため、フリーランスが保有する売掛債権の買取に対応していないファクタリングサービスも少なくありません。

そこで本章では、フリーランスのファクタリングの選び方について解説していきます。

審査通過率が高いファクタリングがおすすめ

フリーランスは、法人と比較して売掛先の企業規模が小さいケースが多く、売掛金の未回収リスクが高い傾向にあります。

売掛先が大手企業や国の機関であれば、売掛金の未回収リスクが低くなるため、審査にも通過しやすくなりますが、フリーランスの売掛先は中小企業の中でも特に事業規模が小さい零細企業であることが多いため審査に通過しにくいです。

そのため、フリーランスの方には審査通過率の高いファクタリングサービスの利用をおすすめします。

各ファクタリングサービスで審査基準が異なるため、A社では審査落ちしたけどB社では通過できたというケースも珍しくありません。

他社では審査落ちしてしまったフリーランスの方でも、審査通過率の高いファクタリングサービスでは審査に通過できる可能性もあるため、あきらめずに利用できるファクタリングサービスを探すようにしましょう。

審査自体は無料で受けることができるので、安心して申し込みを行ってください。

取引先が大手企業だと審査通過率が高くなる

ファクタリング審査では、「売掛先の信用力」が最も重要視されます。なぜなら、売掛先の倒産や経営不振などにより、売掛金が未回収となってしまった場合、ファクタリング会社側が多大な損失を受けることになるからです。

フリーランスは主に信用力の低い中小零細企業と取引を行っているため、審査に通りづらい傾向にあります。しかし、取引先が信用力の高い大手企業の場合は、審査通過率が高くなるため、フリーランスの方でも利用できる可能性があります。

ただ、「フリーランスがファクタリング審査に通りずらい」ということは忘れないでください。ファクタリングサービスを選ぶ過程で、数回ファクタリング審査に落ちてしまう可能性も十分にあります。「また、落ちてしまった」など、精神的なダメージを受けないためにも、ファクタリング審査に落ちやすい現実を理解しておきましょう。

オンライン完結ファクタリングは全国各地から使える

申し込みから契約、入金まで、ファクタリングに関する全ての手続きをオンライン上で完結することができるオンライン完結ファクタリングは、非常に利便性の高いサービスです。

従来のファクタリングでは、対面での面談が必要であったため、ほとんどのケースでファクタリング会社へ足を運ぶ必要がありました。ファクタリング会社側の社員が出張訪問してくれるサービスを提供している会社もありましたが、出張費用は利用者が負担しなければいけませんでした。

しかし、新型コロナウイルス蔓延などの影響により、オンライン完結ファクタリングの普及が始まり、現在ではほとんどのファクタリング会社がオンライン完結ファクタリングを提供しています。

オンライン完結ファクタリングでは、わざわざファクタリング会社へ訪問する必要がないため、近辺にファクタリング会社がない地方のフリーランスや業務が多忙なフリーランスでも気軽に利用することができます。また、24時間いつでも申し込みを行うことができるため、わざわざファクタリング会社の営業時間を気にする必要もありません。

今すぐ資金調達したいなら即日ファクタリングを利用

カレンダー

ファクタリングでは、最短即日で資金調達を行うことが可能ですが、各ファクタリングサービスによって、入金スピードは異なります。そのため、今すぐ資金調達を行いたい場合はファクタリング即日提供しているファクタリングサービスの利用をおすすめします。

即日ファクタリングとは、申し込みを行った当日中に売掛債権を現金化することができるファクタリングサービスのことです。一般的なファクタリングでも、即日で資金調達することができるケースもありますが、即日ファクタリングの方がより高い確率で即日での資金調達を実現することができます。

即日ファクタリングは、一般的に利用者とファクタリング会社の2社間契約で取引を行うため、ファクタリングの利用に関して売掛先から承認を受ける必要がありません。そのため、売掛先に知られることなく、ファクタリングを利用することができるのです。

しかし、申し込みを行う時間や利用者側の書類の準備状況によっては、即日で資金調達できないケースもあるので注意しておきましょう。

2社間ファクタリングについては「2社間ファクタリングとは?メリット・デメリットを解説」で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

お申し込み前にファクタリングの最低利用価格を確認

ファクタリング会社には、それぞれ買取可能額が設定してあります。

ファクタリングで利用する売掛債権の額面が、申し込みを行うファクタリング会社の買取可能額に含まれてない場合は、ファクタリングを利用できない可能性があるため、注意が必要です。

ファクタリング会社は、ファクタリング取引時に発生する手数料によって利益を得ています。売掛債権の額面が高くなれば高くなるほど、多くの利益を確保することができるため、利益を得にくい少額債権の買取に対応していないファクタリング会社も少なくありません。

そのため、ファクタリングに申し込む前にファクタリング会社の最低利用価格を確認しておくようにしましょう。

特に数万円単位の少額債権を取り扱うことの多いフリーランスは、ファクタリング会社の最低利用価格を満たせないケースが多いため、少額債権の買取に対応しているファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

フリーランスがファクタリングで審査落ちする理由

フリーランスは、開業届を提出している個人事業主や法人と比べると信用力が低いです。そのため、ファクタリングの審査に落ちやすい傾向があります。

しかし、ファクタリングの審査に落ちする理由を事前に知っておくことで、ファクタリング審査に通過するための対策を行うことができるため、審査に通過しやすくなります。

本章では、フリーランスがファクタリングで審査落ちする理由について解説していきます。

売掛先(取引先)が個人の場合は信用力が低い

ファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要視されます。なぜなら、売掛金を売掛先から回収する必要があるからです。

ファクタリングと融資の違いとして、ファクタリングは利用者側の信用情報・経営状況が審査に与える影響が少ないため、信用力の低いフリーランスの方でも利用することができるファクタリングサービスは多数存在します。

しかし、ファクタリングで使用する債権の売掛先が個人の場合は別です。先ほども述べたように、フリーランスや個人事業主は法人に比べて信用力が低く、資金力もありません。売掛先が個人の場合はファクタリング会社側の未回収リスクが高くなってしまうため、審査落ちしてしまうケースがほとんどです。仮に審査に通過できたとしても、高額な手数料を請求されることになるでしょう。

このように、売掛先が個人の場合は信用力が低いため、審査落ちしてしまう原因となってしまいます。売掛先が個人の債権は、そもそも対応していないファクタリングサービスもあるため、十分注意しておきましょう。

売掛金の支払いサイトが60日以上あると厳しい

日本の企業間取引で主流となっている掛け取引では、商品・サービスの提供から代金を受け取るまでに30日~60日程度の支払いサイトが存在します。

しかし、建設業など、支払いサイトが長い傾向にある業界では支払いサイトが60日を超えることも珍しくありません。

フリーランスも複数のクライアントと取引を行うため、中には60日を超える支払いサイトでの契約をしているケースもあるでしょう。

しかし、支払いサイトが60日以上の売掛債権は、ファクタリングで審査落ちする原因となってしまいます。なぜなら、支払いサイトが長ければ長いほど、売掛先の倒産や経営悪化などにより、売掛金が未回収となるリスクが高くなるからです。

一般的に支払いサイトが60日以内の売掛債権であれば審査に通過できる可能性が高いといえますが、支払いサイトが60日以上ある場合は審査落ちしてしまう原因となってしまうため、注意が必要です。

審査甘いと謳うファクタリングには要注意

ファクタリングは、売掛債権の売買サービスであるため、融資など他の資金調達方法と比べると審査が甘い傾向にあります。実際に、赤字決済や債務超過、税金滞納している方でも利用できるなど、融資の審査に通過することができない方でも利用することができるため、「ファクタリング=審査が甘い」という印象を抱いている方も少なくはないでしょう。

しかし、ファクタリングでは原則償還請求権がないため、売掛金が未回収となった場合はファクタリング会社側が損失を受けることになります。ファクタリング会社側としては、売掛金の未回収による損失を避けなければいけないため、売掛先の信用力や債権の内容に関してきちんと審査を行っています。

そのため、自ら審査が甘いと謳うファクタリング会社には注意が必要です。「審査が甘い」という誘い文句で、他社のファクタリング審査に落ちてしまった顧客を獲得し、高額な手数料を請求するケースも珍しくありません。

審査が甘いといわれるファクタリングですが、ファクタリング会社は損失を回避するために厳正な審査を行っているため、審査が甘いと謳うファクタリング会社は選ばないようにしましょう。

当サイトで紹介している審査甘いファクタリングは調査した上で掲載しているので安心してご利用できます。

償還請求権付きのファクタリングは違法業者

償還請求権とは、ファクタリング契約後に売掛金が未回収となった場合に、ファクタリング会社側が利用者に対して弁済を求めることができる権利のことです。

一般的にファクタリングでは償還請求権なしの契約となりますが、銀行系のファクタリングサービスでは償還請求権付の契約になることもあります。

しかし、貸金業登録を行わず、償還請求権付のファクタリング契約を結ぼうとするファクタリング会社は違法業者となります。なぜなら、償還請求権付のファクタリング契約は、貸付に該当するからです。

実際に貸金業登録を行っていないファクタリング会社が、償還請求権付のファクタリング契約を結び、利用者側から訴訟を起こされ、手数料と過払い金の返金を命じられたという判例もあります。

ファクタリングの違法業者の見分け方は「ファクタリングは違法?違法取引の事例や違法業者の特徴を解説」でまとめていますので是非参考にして下さい。

ファクタリングは売掛債権の売買サービスであるため、原則償還請求権なしの契約となりますが、貸金業登録を行っている銀行系のファクタリングサービスでは、償還請求権付の契約になる場合もあることを理解しておきましょう。

フリーランスのファクタリングに関するよくある質問

今でこそフリーランスの方でも利用することができるファクタリングサービスは多数存在しますが、以前まではそれほど多くありませんでした。

そのため、初めてファクタリングの利用を検討しているという方も少なくないと思います。

本章では、フリーランスのファクタリングに関するよくある質問をご紹介します。

売掛債権を2重譲渡したらどうなりますか?

売掛債権の2重譲渡は犯罪行為です。 場合によっては、詐欺罪や横領罪で訴えられる可能性もあるため、絶対に行ってはいけません。

また、売掛債権の2重譲渡によって、ファクタリング会社は売掛金ができなくなるため、売掛先に通知されるケースもあります。 犯罪行為を行っていることが売掛先にも知られてしまうため、取引中止だけでなく、社会的信用の失墜にもつながり、事業の継続が厳しくなる可能性があります。

フリーランスのファクタリングの手数料相場は?

 一般的なファクタリングの手数料相場は、2社間ファクタリングで10%~30%、3社間ファクタリングで1%~9%程度です。 しかし、上記でも述べたようにフリーランスは信用力が低いことから、一般的なファクタリングの手数料相場よりも高い手数料を請求される可能性があります。 ただ、上記で紹介したサービスなど、10%以下の手数料で利用することができるサービスもあるので、ファクタリングサービス選びは慎重に行う必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者

税理士業界20年、野村税理士事務所代表でfreee認定アドバイザー。日本税理士会連合会、九州北部税理士会所属。認定経営革新等支援機関の認定事業者として補助金の申請支援を行う。

この記事の内容