スタートアップ(開業・会社設立)支援価格を設定しています!見積りはこちら >>

「ふるさと納税で得した!」実際に寄付してわかったことは?

この記事では、ふるさと納税で得した経験を持つ筆者が、実際に寄付してわかったことについてお伝えします。

ふるさと納税は、住民税の一部を、自分の出身地や応援したい自治体に寄付できる制度です。寄付した金額のうち、2,000円を除いた額が、所得税や住民税から控除されます。

ふるさと納税の魅力は、なんといっても返礼品です。自治体によっては、肉や魚、果物、お米、加工食品、家電製品など、さまざまな返礼品が用意されています。中には、なかなか手に入らない希少なものや、お得な価格で手に入るものもあります。

しかし、ふるさと納税は、ただ寄付すれば得するというわけではありません。控除額を最大限に引き出すためには、寄付する金額や自治体、返礼品などを慎重に選ぶ必要があります。

そこで、この記事では、ふるさと納税で得するために押さえておきたいポイントを、筆者の体験談を交えてご紹介します。

ふるさと納税に興味がある方や、ふるさと納税でもっと得をしたい方、ぜひ参考にしてください。

目次

ふるさと納税の魅力は、なんといっても返礼品

引用元:フルナビふるさと納税>宮崎県川南町の返礼品

ふるさと納税の仕組みとメリット

ふるさと納税とは、住民税の一部を、自分の出身地や応援したい自治体に寄付できる制度です。寄付した金額のうち、2,000円を除いた額が、所得税や住民税から控除されます。

ふるさと納税のメリットは、以下のとおりです。

  • 地域を応援することができる

ふるさと納税の寄付金は、自治体の事業や地域振興に活用されます。そのため、ふるさと納税をすることで、応援したい地域の活性化に貢献することができます。

  • 返礼品がもらえる

自治体によっては、肉や魚、果物、お米、加工食品、家電製品など、さまざまな返礼品が用意されています。中には、なかなか手に入らない希少なものや、お得な価格で手に入るものもあります。

  • 所得税や住民税が控除される

ふるさと納税の寄付金のうち、2,000円を除いた額が、所得税や住民税から控除されます。そのため、実質2,000円の自己負担で、返礼品を受けることができます。

ただし、寄付した金額が控除上限額を超えると、超過分は自己負担となります。控除上限額は、収入や家族構成によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

ふるさと納税は、寄付する金額や自治体、返礼品などを慎重に選ぶことで、よりお得に利用することができます。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みは、以下のとおりです。

  1. ふるさと納税のサイトや自治体のホームページから、寄付したい自治体を選び、寄付金額を決める。
  2. 寄付先の自治体に寄付する。
  3. 寄付金の使い道や返礼品の詳細を、自治体から通知される。
  4. 確定申告またはワンストップ特例制度を利用して、寄付金控除を受ける。

ふるさと納税の控除額

ふるさと納税の控除額は、以下のとおりです。

  • 所得税:寄付金額の2,000円を除いた額の30%
  • 住民税:寄付金額の2,000円を除いた額の40%

控除上限額は、収入や家族構成によって異なります。

ふるさと納税の返礼品

ふるさと納税の返礼品は、自治体によって、種類や内容が異なります。

肉や魚、果物、お米、加工食品、家電製品、旅行券、体験ギフトなど、さまざまな返礼品が用意されています。

返礼品を選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

  • 自分の好きなものや、お得に手に入れたいものを選ぶ。
  • 寄付金の使い道を確認する。
  • 寄付した時期によって、もらえる時期が異なるので、早めに寄付するとよい。

ふるさと納税のワンストップ特例制度

給与所得者がふるさと納税をする場合、寄付先を5自治体以内にすれば、確定申告をせずに、ふるさと納税の控除を受けることができます。

ワンストップ特例制度を利用すると、手続きが簡単になります。

ふるさと納税の注意点

ふるさと納税には、以下の点に注意が必要です。

  • 控除上限額を超えると、超過分は自己負担となる。
  • ふるさと納税は、あくまでも寄付であるため、税制メリットがあるわけではない。
  • 返礼品は、寄付先の自治体から直接送られてくる。
  • 返礼品の中には、賞味期限や有効期限が短いものもあるので、注意が必要。

ふるさと納税は、うまく活用すれば、とてもお得な制度です。上記の内容を参考に、ぜひふるさと納税を楽しんでください。

ふるさと納税で得するコツ

ふるさと納税で得するコツは、以下のとおりです。

  • 控除上限額を把握する

ふるさと納税で得するためには、まず控除上限額を把握する必要があります。控除上限額は、収入や家族構成によって異なりますので、国税庁のホームページなどで確認しておきましょう。

  • 寄付する金額を決める

控除上限額内で、自分が納得できる金額を寄付しましょう。寄付する金額が多いほど、控除額も大きくなりますが、自己負担額も大きくなります。

  • 自治体を選ぶ

自治体によって、返礼品の種類や内容が異なります。自分が欲しい返礼品がある自治体を選びましょう。また、寄付金の使い道なども確認しておくとよいでしょう。

  • 返礼品を選ぶ

返礼品には、肉や魚、果物、お米、加工食品、家電製品など、さまざまな種類があります。自分が欲しいものや、お得に手に入れたいものを選びましょう。

  • ワンストップ特例制度を利用する

給与所得者がふるさと納税をする場合、寄付先を5自治体以内にすれば、確定申告をせずに、ふるさと納税の控除を受けることができます。ワンストップ特例制度を利用すると、手続きが簡単になります。

具体的なコツとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 寄付する時期を工夫する

ふるさと納税の返礼品は、寄付した時期によって、もらえる時期が異なります。早めに寄付すれば、早めに返礼品をもらえるので、旬の食材などを狙うのもおすすめです。

  • 複数の自治体に寄付する

1つの自治体にたくさん寄付するよりも、複数の自治体に少額ずつ寄付したほうが、控除額を大きくすることができます。

  • クレジットカードで寄付する

クレジットカードで寄付すると、ポイントが貯まったり、キャッシュバックされたりすることもできます。

ふるさと納税は、うまく活用すれば、とてもお得な制度です。上記のコツを参考に、ぜひふるさと納税を楽しんでください。

ふるさと納税で得するコツをまとめると、以下のとおりです。

  • 控除上限額を把握する
  • 寄付する金額を決める
  • 自治体を選ぶ
  • 返礼品を選ぶ
  • ワンストップ特例制度を利用する
  • 寄付する時期を工夫する
  • 複数の自治体に寄付する
  • クレジットカードで寄付する

これらのコツを押さえることで、ふるさと納税でより多くのメリットを享受することができます。

筆者のふるさと納税体験談

私は、ふるさと納税を初めて5年ほどになります。これまでに、さまざまな自治体に寄付し、さまざまな返礼品をもらっています。

私がふるさと納税を始めたのは、節税目的でした。当時、私は会社員で、所得税と住民税を多く納めていました。そこで、ふるさと納税を利用して、少しでも節税ができないかと考えたのです。

最初は、あまり詳しく知らず、とりあえず有名な自治体に寄付していました。しかし、すぐに、自治体によって返礼品の種類や内容が大きく異なることに気づきました。そこで、いろいろな自治体の返礼品を調べるようになり、自分が欲しいものや、お得に手に入れたいものを選ぶようになりました。

ふるさと納税を始めて、いくつかわかったことがあります。

  • 控除上限額を把握しておくことが大切

控除上限額を超えてしまうと、超過分は自己負担となります。そのため、控除上限額を把握しておき、その範囲内で寄付するようにしましょう。

  • 複数の自治体に寄付するとお得

1つの自治体にたくさん寄付するよりも、複数の自治体に少額ずつ寄付したほうが、控除額を大きくすることができます。また、さまざまな返礼品を楽しむことができます。

  • クレジットカードで寄付するとお得

クレジットカードで寄付すると、ポイントが貯まったり、キャッシュバックされたりすることもできます。

ふるさと納税は、うまく活用すれば、とてもお得な制度です。上記の点を参考に、ぜひふるさと納税を楽しんでください。

私の体験談の中で、特に印象に残っているのは、以下の2つです。

1つ目は、地元の食材をたくさん食べるようになったことです。

私は、ふるさと納税で、さまざまな自治体の返礼品を食べてきました。その中でも、地元の食材を使った返礼品は、どれもおいしく、とても満足しています。

ふるさと納税を通じて、さまざまな地元の食材を知ることができ、食の幅が広がりました。また、地元の食材を応援することにもつながり、とてもうれしく思います。

2つ目は、地域の魅力を再発見したことです。

ふるさと納税で、さまざまな自治体の返礼品を調べる中で、その自治体の魅力を知ることができました。

例えば、ある自治体では、特産品であるお米を使ったスイーツが返礼品として用意されていました。そのスイーツを調べてみると、その自治体は、お米作りが盛んな地域であることがわかりました。

また、別の自治体では、伝統工芸品が返礼品として用意されていました。その工芸品について調べてみると、その自治体には、古くから伝わる豊かな文化があることがわかりました。

ふるさと納税を通じて、さまざまな地域の魅力を再発見することができ、とても興味深かったです。

ふるさと納税は、単に節税やお得な買い物をするための制度ではありません。地域を応援し、地域の魅力を再発見するための制度でもあるのです。

以下に、筆者のふるさと納税の具体的な体験談をご紹介します。

体験談1

私は、地元の食材が好きなので、地元の食材を使った返礼品をよく選びます。ある年には、地元のブランド牛のステーキを返礼品として選びました。

そのステーキは、とてもおいしく、家族みんなで美味しくいただきました。また、地元のブランド牛の魅力も再認識することができました。

体験談2

私は、伝統工芸品にも興味があるので、伝統工芸品が返礼品として用意されている自治体にもよく寄付しています。ある年には、地元の伝統工芸品である陶器の花瓶を返礼品として選びました。

その花瓶は、とても美しく、部屋の雰囲気を明るくしてくれています。また、地元の伝統工芸品の魅力も再認識することができました。

このように、ふるさと納税は、節税やお得な買い物だけでなく、地域の魅力を再発見するための制度としても、とても価値のある制度だと思います。

よくある質問

ふるさと納税何が良かった?

ふるさと納税のよかった点は、以下のとおりです。

  • 節税できた

ふるさと納税は、寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されるので、節税することができます。

  • お得な返礼品をもらえた

ふるさと納税の返礼品は、肉や魚、果物、お米、加工食品、家電製品、旅行券、体験ギフトなど、さまざまな種類があります。中には、なかなか手に入らない希少なものや、お得な価格で手に入るものもあります。

  • 地域を応援できた

ふるさと納税の寄付金は、自治体の事業や地域振興に活用されます。そのため、ふるさと納税をすることで、応援したい地域の活性化に貢献することができます。

具体的には、以下の点がよかったと思っています。

  • 地元の食材をたくさん食べることができた

私は、ふるさと納税で、さまざまな自治体の返礼品を食べてきました。その中でも、地元の食材を使った返礼品は、どれもおいしく、とても満足しています。

ふるさと納税を通じて、さまざまな地元の食材を知ることができ、食の幅が広がりました。また、地元の食材を応援することにもつながり、とてもうれしく思います。

  • 地域の魅力を再発見することができた

ふるさと納税で、さまざまな自治体の返礼品を調べる中で、その自治体の魅力を知ることができました。

例えば、ある自治体では、特産品であるお米を使ったスイーツが返礼品として用意されていました。そのスイーツについて調べてみると、その自治体は、お米作りが盛んな地域であることがわかりました。

また、別の自治体では、伝統工芸品が返礼品として用意されていました。その工芸品について調べてみると、その自治体には、古くから伝わる豊かな文化があることがわかりました。

ふるさと納税を通じて、さまざまな地域の魅力を再発見することができ、とても興味深かったです。

このように、ふるさと納税は、節税やお得な買い物だけでなく、地域の魅力を再発見するための制度としても、とても価値のある制度だと思います。

ふるさと納税に寄付するメリットは?

ふるさと納税に寄付するメリットは、大きく分けて以下の3つです。

節税メリット

ふるさと納税は、寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されるため、節税することができます。控除額は、寄付金額の2,000円を除いた額の30%(所得税)または40%(住民税)です。

返礼品メリット

ふるさと納税の返礼品は、肉や魚、果物、お米、加工食品、家電製品、旅行券、体験ギフトなど、さまざまな種類があります。中には、なかなか手に入らない希少なものや、お得な価格で手に入るものもあります。

地域貢献メリット

ふるさと納税の寄付金は、自治体の事業や地域振興に活用されます。そのため、ふるさと納税をすることで、応援したい地域の活性化に貢献することができます。

具体的には、以下の点が挙げられます。

  • 節税しながら、お得に返礼品がもらえる

ふるさと納税は、寄付金額の一部が控除されるため、実質の自己負担額が少なく、お得に返礼品がもらえます。

  • 地域の魅力を再発見できる

ふるさと納税の返礼品は、その地域の特産品や名産品であることが多いため、寄付を通じて、地域の魅力を再発見することができます。

  • 地域を応援できる

ふるさと納税の寄付金は、自治体の事業や地域振興に活用されるため、応援したい地域の活性化に貢献することができます。

ふるさと納税は、節税やお得な買い物だけでなく、地域を応援し、地域の魅力を再発見するための制度としても、とても価値のある制度だと思います。

ふるさと納税で5万円寄付するといくらお得になりますか?

ふるさと納税で5万円寄付すると、寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されます。控除額は、寄付金額の2,000円を除いた額の30%(所得税)または40%(住民税)です。

そのため、ふるさと納税で5万円寄付した場合の控除額は、以下のとおりです。

  • 所得税:50,000円 – 2,000円 = 48,000円 × 30% = 14,400円
  • 住民税:50,000円 – 2,000円 = 48,000円 × 40% = 19,200円

合計の控除額は、14,400円 + 19,200円 = 33,600円となります。

つまり、ふるさと納税で5万円寄付した場合、実質の自己負担額は、50,000円 – 33,600円 = 16,400円となります。

なお、控除を受けるためには、確定申告またはワンストップ特例制度を利用する必要があります。

ふるさと納税 なぜお得 わかりやすく?

ふるさと納税がお得な理由は、以下のとおりです。

  • 寄付金額の一部が税金から控除される

ふるさと納税は、寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されます。控除額は、寄付金額の2,000円を除いた額の30%(所得税)または40%(住民税)です。

例えば、5万円をふるさと納税した場合、寄付金額の2,000円を除いた48,000円の30%である14,400円が所得税から控除されます。また、48,000円の40%である19,200円が住民税から控除されます。

つまり、5万円をふるさと納税した場合、実質の自己負担額は、5万円 – 14,400円 – 19,200円 = 16,400円となります。

  • 返礼品がもらえる

ふるさと納税では、寄付金額に応じて、自治体から返礼品がもらえます。返礼品は、その地域の特産品や名産品など、さまざまな種類があります。

そのため、ふるさと納税は、節税しながら、お得に返礼品がもらえるというメリットがあります。

  • 地域を応援できる

ふるさと納税の寄付金は、自治体の事業や地域振興に活用されます。そのため、ふるさと納税をすることで、応援したい地域の活性化に貢献することができます。

このように、ふるさと納税は、節税やお得な買い物だけでなく、地域を応援し、地域の魅力を再発見するための制度としても、とても価値のある制度だと思います。

わかりやすく説明すると、

ふるさと納税は、税金の支払い先を、自分が応援したい自治体に変更できる制度です。

ふるさと納税をすると、寄付金額の一部が税金から控除されるので、実質の自己負担額が少なく、お得に返礼品がもらえます。

また、ふるさと納税の寄付金は、自治体の事業や地域振興に活用されるので、応援したい地域の活性化に貢献することができます。

ふるさと納税を検討している方は、ぜひ、控除額や返礼品などを比較検討して、自分に合った自治体を選んでみてください。

記事のまとめ:「ふるさと納税で得した!」実際に寄付してわかったことは?

ふるさと納税は、税金の支払い先を、自分が応援したい自治体に変更できる制度です。寄付金額の一部が税金から控除されるので、実質の自己負担額が少なく、お得に返礼品がもらえます。

実際にふるさと納税をしてみて、以下のようなことがわかりました。

  • 節税効果は大きい

控除額は、寄付金額の2,000円を除いた額の30%(所得税)または40%(住民税)です。例えば、5万円をふるさと納税した場合、実質の自己負担額は、16,400円となります。

  • 返礼品が豊富

返礼品は、肉や魚、果物、お米、加工食品、家電製品、旅行券、体験ギフトなど、さまざまな種類があります。中には、なかなか手に入らない希少なものや、お得な価格で手に入るものもあります。

  • 地域を応援できる

ふるさと納税の寄付金は、自治体の事業や地域振興に活用されます。そのため、ふるさと納税をすることで、応援したい地域の活性化に貢献することができます。

ふるさと納税は、節税やお得な買い物だけでなく、地域を応援し、地域の魅力を再発見するための制度としても、とても価値のある制度だと思います。

ふるさと納税を検討している方は、ぜひ、控除額や返礼品などを比較検討して、自分に合った自治体を選んでみてください。

【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次