スタートアップ(開業・会社設立)支援価格を設定しています!見積りはこちら >>

注意!ふるさと納税の限度額は?都道府県や市区町村によって違う?

ふるさと納税の限度額は、総所得金額の30%が上限です。しかし、都道府県や市区町村によって、独自の限度額を設けている場合があります。

この記事では、ふるさと納税の限度額の基本的な考え方と、都道府県や市区町村ごとの限度額について解説します。ふるさと納税を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ふるさと納税は、応援したい自治体に寄附することで、寄附金の2,000円を除いた全額が所得税や住民税の控除対象になる制度です。

控除対象となる寄附金額の上限は、総所得金額の30%です。しかし、都道府県や市区町村によっては、この上限を超えて寄附できる場合があります。

たとえば、東京都の場合、総所得金額の30%を超えて寄附できる自治体が多数あります。また、埼玉県の入間市では、住民税非課税世帯向けに、総所得金額の40%まで寄附できる制度を設けています。

ふるさと納税を検討する際には、まず、自分の総所得金額を確認しましょう。そして、寄附したい自治体の限度額も確認しておきましょう。

限度額を超えて寄附した場合、寄附金の全額が控除対象にならないため、注意が必要です。

この記事では、ふるさと納税の限度額について、わかりやすく解説します。ふるさと納税を賢く活用して、応援したい自治体を応援しましょう。

目次

ふるさと納税の限度額は?

引用元:長野県須坂市ふるさと納税返礼品

ふるさと納税の限度額は、都道府県や市区町村によって異なる

ふるさと納税の限度額は、都道府県や市区町村によって異なる場合があります。

ふるさと納税の限度額は、以下の計算式で求めることができます。

限度額 = (所得税の税率 × 総所得金額)÷(1 – 基本分率 – 復興特別所得税率) + 2,000円

  • 所得税の税率:所得税の税率表で確認できます。
  • 総所得金額:給与所得、事業所得、不動産所得などの合計額です。
  • 基本分率:所得税の基本控除額を寄附金額に占める割合です。
  • 復興特別所得税率:復興特別所得税の税率です。

この計算式で算出される限度額は、あくまでも総務省が定めた上限額です。都道府県や市区町村によっては、この上限額を超えて寄附できる場合があります。

たとえば、東京都の場合、総所得金額の30%を超えて寄附できる自治体が多数あります。また、埼玉県の入間市では、住民税非課税世帯向けに、総所得金額の40%まで寄附できる制度を設けています。

ふるさと納税を検討する際には、自分の総所得金額を確認した上で、寄附したい自治体の限度額も確認しておきましょう。

ふるさと納税の限度額は、以下の方法で確認できます。

  • ふるさと納税ポータルサイト:多くのふるさと納税ポータルサイトでは、寄附したい自治体の限度額を検索することができます。
  • 自治体のホームページ:自治体のホームページで、ふるさと納税のページを探して、限度額を確認しましょう。
  • 総務省のホームページ:総務省のホームページで、ふるさと納税の限度額を都道府県や市区町村ごとに検索することができます。

都道府県ごとの限度額の違い

2023年度の都道府県ごとの限度額は、以下のとおりです。

都道府県総所得金額の30%を超える自治体数
東京都35
神奈川県22
大阪府19
千葉県17
愛知県16
福岡県15
埼玉県14
兵庫県13

東京都では、総所得金額の30%を超えて寄附できる自治体が多数あります。また、神奈川県、大阪府、千葉県、愛知県、福岡県、埼玉県、兵庫県でも、10自治体以上が総所得金額の30%を超えて寄附できる制度を設けています。

限度額を超えて寄附した場合、寄附金の全額が控除対象にならないため、注意が必要です。

具体的な事例としては、東京都の港区では、総所得金額の30%を超えて、最大で70万円まで寄附することができます。また、埼玉県の入間市では、住民税非課税世帯向けに、総所得金額の40%まで寄附できる制度を設けています。

ふるさと納税を検討する際には、自分の総所得金額を確認した上で、寄附したい自治体の限度額も確認しておきましょう。

市区町村ごとの限度額の違い

市区町村ごとの限度額は、自治体の財政状況や地域振興の取り組みなどを考慮して、各自治体が独自に設定しています。

そのため、同じ都道府県内でも、自治体によって限度額が異なる場合があります。

たとえば、東京都の港区では、総所得金額の30%を超えて、最大で70万円まで寄附することができます。一方、東京都の文京区では、総所得金額の30%を超えて寄附することはできません。

また、同じ市区町村内でも、限度額が異なる場合があります。

たとえば、埼玉県の入間市では、住民税非課税世帯向けに、総所得金額の40%まで寄附できる制度を設けています。一方、埼玉県の狭山市では、そのような制度はありません。

ふるさと納税を検討する際には、自分の総所得金額を確認した上で、寄附したい自治体の限度額も確認しておきましょう。

ふるさと納税の限度額は、以下の方法で確認できます。

  • ふるさと納税ポータルサイト:多くのふるさと納税ポータルサイトでは、寄附したい自治体の限度額を検索することができます。
  • 自治体のホームページ:自治体のホームページで、ふるさと納税のページを探して、限度額を確認しましょう。
  • 総務省のホームページ:総務省のホームページで、ふるさと納税の限度額を都道府県や市区町村ごとに検索することができます。

限度額を超えて寄附した場合、寄附金の全額が控除対象にならないため、注意が必要です。

限度額を超えて寄附した場合どうなる?

限度額を超えて寄附した場合、寄附金の全額が控除対象にならないため、注意が必要です。

具体的には、以下のようになります。

  • 控除額は、限度額までの金額となります。
  • 限度額を超えた部分の寄附金は、自己負担となります。

たとえば、総所得金額が500万円の給与所得者が、限度額10万円の自治体に15万円寄附した場合、控除額は10万円となります。また、5万円は自己負担となります。

限度額を超えて寄附した場合は、確定申告またはワンストップ特例制度の申請時に、限度額までの金額を控除額として申告する必要があります。

また、限度額を超えて寄附したことが判明した場合、税務署から指摘を受ける可能性があります。

ふるさと納税を検討する際には、自分の総所得金額を確認した上で、寄附したい自治体の限度額も確認しておきましょう。

ふるさと納税ワンストップ特例の概要

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、確定申告の不要な給与所得者等で、ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内である場合に限り、確定申告を行わなくても寄附金控除を受けられる制度です。

ワンストップ特例制度を利用する場合、寄附先の自治体から送付される「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄附した自治体に送付することで、寄附金控除を受けることができます。

ワンストップ特例制度を利用すると、以下のメリットがあります。

  • 確定申告の手間が省ける
  • 寄附金控除の時期が早まる

ワンストップ特例制度を利用するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 確定申告の不要な給与所得者等である
  • ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内である
  • ふるさと納税を行う自治体から「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」が届いている

ふるさと納税を検討している方は、ワンストップ特例制度の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

記事のまとめ:ふるさと納税の限度額は?都道府県や市区町村によって違う?

ふるさと納税の限度額は、総所得金額の30%が上限となっている。ただし、都道府県や市区町村によっては、独自の限度額を設けている場合があります。

ふるさと納税の限度額は、以下の計算式で求めることができます。

限度額 = (所得税の税率 × 総所得金額)÷(1 – 基本分率 – 復興特別所得税率) + 2,000円

  • 所得税の税率:所得税の税率表で確認できます。
  • 総所得金額:給与所得、事業所得、不動産所得などの合計額です。
  • 基本分率:所得税の基本控除額を寄附金額に占める割合です。
  • 復興特別所得税率:復興特別所得税の税率です。

この計算式で算出される限度額は、あくまでも総務省が定めた上限額です。都道府県や市区町村によっては、この上限額を超えて寄附できる場合があります。

たとえば、東京都の場合、総所得金額の30%を超えて寄附できる自治体が多数あります。また、埼玉県の入間市では、住民税非課税世帯向けに、総所得金額の40%まで寄附できる制度を設けています。

ふるさと納税を検討する際には、自分の総所得金額を確認した上で、寄附したい自治体の限度額も確認しておきましょう。

限度額を超えて寄附した場合、寄附金の全額が控除対象にならないため、注意が必要です。具体的には、以下のようになります。

  • 控除額は、限度額までの金額となります。
  • 限度額を超えた部分の寄附金は、自己負担となります。

限度額を超えて寄附した場合は、確定申告またはワンストップ特例制度の申請時に、限度額までの金額を控除額として申告する必要があります。また、限度額を超えて寄附したことが判明した場合、税務署から指摘を受ける可能性があります。

ふるさと納税を検討する際には、限度額を正しく確認して、損をしないようにしてください。

【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次