スタートアップ(開業・会社設立)支援価格を設定しています!見積りはこちら >>

ふるさと納税の応用編:よりお得に活用する方法|お得な返礼品の探し方

ふるさと納税は、寄付と返礼品の両方が魅力的な制度です。しかし、基本的な使い方だけだと、もったいないですよね。

そこで、この記事では、ふるさと納税をよりお得に活用するための方法を解説します。具体的には、以下の内容をご紹介します。

  • 実質還元率の高い返礼品を選ぶ方法
  • 寄付先の自治体を選ぶ際に押さえるべきポイント
  • 寄付金控除の手続きをより効率的に行う方法

これらの方法を押さえれば、ふるさと納税をよりお得に活用し、節税効果を最大限に高めることができます。

ふるさと納税をもっとお得に活用したいという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

ふるさと納税をよりお得に活用する方法

佐賀県多久市ふるさと納税返礼品

引用元:佐賀県多久市ふるさと納税返礼品

ふるさと納税は、寄付額の2,000円を差し引いた金額が全額控除されるお得な制度です。しかし、基本的なルールを理解していなければ、せっかくのお得が半減してしまうかもしれません。

そこで、この記事では、ふるさと納税をよりお得に活用するための応用編として、以下の3つの方法をご紹介します。

  1. 実質還元率の高い返礼品を見つける
  2. 寄付上限額を超えないようにする
  3. 寄付先を検討する

1. 実質還元率の高い返礼品を見つける

ふるさと納税の返礼品は、自治体によってさまざまな種類があります。その中から、よりお得な返礼品を見つけるためには、実質還元率をチェックしましょう。

実質還元率とは、寄付額から2,000円を差し引いた額に、控除率を乗じた金額を、寄付金額で割って算出されるものです。

たとえば、寄付額10,000円で、控除率が30%の場合、実質還元率は2,667円となります。

実質還元率の高い返礼品を見つけるには、以下の方法があります。

  • ふるさと納税ポータルサイトのランキングを参考にする
  • 自治体のホームページで実質還元率をチェックする
  • 口コミやSNSの情報を参考にする

2. 寄付上限額を超えないようにする

ふるさと納税の寄付限度額は、給与収入や家族構成によって異なります。寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができませんので、必ず寄付限度額を確認するようにしましょう。

寄付限度額は、毎年8月31日に国税庁のホームページで公表されます。

3. 寄付先を検討する

ふるさと納税の返礼品は、自治体によってさまざまな種類があります。その中から、応援したい自治体を選んで寄付をすると、より一層お得に活用することができます。

応援したい自治体を選ぶ際には、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 自分が興味のある地域
  • 応援したい事業
  • 実質還元率

ふるさと納税は、寄付と返礼品の両方が魅力的な制度です。上記の方法を参考に、よりお得に地域を応援しましょう。

具体的な方法の解説

1. 実質還元率の高い返礼品を見つける

ふるさと納税ポータルサイトでは、実質還元率の高い返礼品がランキング形式で紹介されています。また、自治体のホームページでも、実質還元率をチェックすることができます。

さらに、口コミやSNSの情報を参考にするのも有効です。実際に寄付をした人の感想や口コミを参考にすることで、より自分に合った返礼品を見つけることができます。

2. 寄付上限額を超えないようにする

寄付限度額は、毎年8月31日に国税庁のホームページで公表されます。寄付限度額を超えないようにするためには、まずは自分の寄付限度額を把握しておくことが大切です。

また、ふるさと納税ポータルサイトでは、寄付限度額を入力することで、寄付可能な上限額を自動計算してくれる機能があります。

3. 寄付先を検討する

ふるさと納税ポータルサイトでは、自治体ごとの返礼品や寄付金の使い道を検索することができます。また、自治体のホームページでは、地域の魅力や取り組みを紹介しているページがあります。

応援したい自治体を選ぶ際には、これらの情報を参考にするとよいでしょう。

ふるさと納税は、寄付と返礼品の両方を楽しみながら、地域を応援することができる制度です。上記の方法を参考に、よりお得に活用しましょう。

実質還元率とは?

実質還元率とは、ふるさと納税の返礼品の還元率を、寄付金控除後の金額で算出したものです。

実質還元率は、以下の計算式で算出されます。

実質還元率 = (寄付額 - 2,000円) × 控除率 / 寄付額

たとえば、寄付額10,000円で、控除率が30%の場合、実質還元率は2,667円となります。

実質還元率が高い返礼品を選ぶことで、よりお得にふるさと納税を活用することができます。

実質還元率が高い返礼品を見つけるには、以下の方法があります。

  • ふるさと納税ポータルサイトのランキングを参考にする
  • 自治体のホームページで実質還元率をチェックする
  • 口コミやSNSの情報を参考にする

また、2019年6月の制度改正により、返礼品の調達額(返礼率)が寄付金額の3割以下と定められました。そのため、実質還元率が3割を超える返礼品は、寄付金控除の適用対象外となる可能性があります。

実質還元率をチェックする際には、この点にも注意しましょう。

寄付上限額を超えないようにするポイント

ふるさと納税の寄付限度額は、給与収入や家族構成によって異なります。寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができません。

寄付上限額を超えないようにするためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 自分の寄付限度額を把握する

寄付限度額は、毎年8月31日に国税庁のホームページで公表されます。寄付を行う前に、必ず自分の寄付限度額を把握しておきましょう。

  • ふるさと納税ポータルサイトの機能を活用する

ふるさと納税ポータルサイトでは、寄付限度額を入力することで、寄付可能な上限額を自動計算してくれる機能があります。この機能を活用すると、簡単に寄付上限額を超えていないかを確認することができます。

  • 複数の自治体に寄付する際には、寄付先を分ける

複数の自治体に寄付する場合は、寄付先を分けて、寄付限度額を超えないようにしましょう。

  • ワンストップ特例制度を利用しない場合は、確定申告で寄付金控除を申告する

ワンストップ特例制度を利用せずに、確定申告で寄付金控除を申告する場合は、寄付上限額を超えないように注意しましょう。

寄付上限額を超えないようにすることで、ふるさと納税をよりお得に活用することができます。

寄付先の自治体を選ぶ際に押さえるべきポイント

ふるさと納税の寄付先の自治体を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 自分が興味のある地域

ふるさと納税は、応援したい地域に寄付をすることで、地域の魅力や特産品を楽しむことができる制度です。そのため、まずは自分が興味のある地域を選ぶことが大切です。

  • 応援したい事業

ふるさと納税の寄付金は、自治体のさまざまな事業に活用されます。そのため、応援したい事業がある自治体を選ぶのもよいでしょう。

  • 実質還元率

もちろん、実質還元率も重要なポイントです。実質還元率が高い返礼品を選ぶことで、よりお得にふるさと納税を活用することができます。

具体的には、以下の方法で寄付先の自治体を選ぶことができます。

  • ふるさと納税ポータルサイトを活用する

ふるさと納税ポータルサイトでは、自治体ごとの返礼品や寄付金の使い道を検索することができます。また、ランキング形式で紹介されているので、比較検討しやすいでしょう。

  • 自治体のホームページをチェックする

自治体のホームページでは、地域の魅力や取り組みを紹介しているページがあります。また、寄付金の使い道や実質還元率なども確認することができます。

  • 口コミやSNSの情報を参考にする

実際に寄付をした人の感想や口コミを参考にするのも有効です。返礼品の品質や使い勝手など、リアルな情報を得ることができます。

寄付先の自治体を選ぶ際には、これらの方法を参考にして、自分に合った自治体を見つけましょう。

寄付金控除の手続きをより効率的に行う方法

寄付金控除の手続きをより効率的に行うためには、以下の方法があります。

  • ワンストップ特例制度を利用する

ワンストップ特例制度を利用すると、確定申告をせずに、ふるさと納税の寄付金控除を受けることができます。そのため、確定申告をするのが面倒な方や、確定申告に慣れていない方におすすめです。

ワンストップ特例制度を利用するには、寄付先の自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出する必要があります。

  • ふるさと納税ポータルサイトを活用する

ふるさと納税ポータルサイトでは、寄付金控除の手続きをサポートしてくれる機能が用意されています。たとえば、寄付金の控除額を自動計算してくれる機能や、ワンストップ特例制度の申請書を作成してくれる機能などがあります。

ふるさと納税ポータルサイトを活用することで、寄付金控除の手続きをより簡単に行うことができます。

  • 寄付金の受領証をまとめて保管する

寄付金控除を受けるためには、寄付金の受領証が必要です。寄付金の受領証は、寄付先の自治体から送られてきます。

寄付金の受領証は、1年分まとめて保管しておくと、確定申告の際に便利です。

  • 確定申告の準備を早めに行う

確定申告の期限は、翌年の3月15日です。寄付金控除を受けるためには、確定申告書に寄付金の控除額を記載する必要があります。

確定申告の期限までに余裕を持って準備をしておくと、慌てずに手続きを完了させることができます。

寄付金控除の手続きをより効率的に行うためには、これらの方法を参考にして、自分に合った方法を選びましょう。

ふるさと納税 お得な返礼品の探し方

実質還元率が高い返礼品を見つけるコツ

実質還元率が高い返礼品を見つけるコツは、以下のとおりです。

  • ふるさと納税ポータルサイトのランキングを参考にする

ふるさと納税ポータルサイトでは、実質還元率の高い返礼品がランキング形式で紹介されています。また、カテゴリー別や地域別など、さまざまな切り口で検索することができます。

  • 自治体のホームページで実質還元率をチェックする

自治体のホームページでも、実質還元率をチェックすることができます。また、寄付金の使い道や返礼品の詳細情報なども確認することができます。

  • 口コミやSNSの情報を参考にする

実際に寄付をした人の感想や口コミを参考にするのも有効です。返礼品の品質や使い勝手など、リアルな情報を得ることができます。

具体的には、以下の方法で実質還元率を計算することができます。

実質還元率 = (寄付額 - 2,000円) × 控除率 / 寄付額

たとえば、寄付額10,000円で、控除率が30%の場合、実質還元率は2,667円となります。

また、2019年6月の制度改正により、返礼品の調達額(返礼率)が寄付金額の3割以下と定められました。そのため、実質還元率が3割を超える返礼品は、寄付金控除の適用対象外となる可能性があります。

実質還元率をチェックする際には、この点にも注意しましょう。

実質還元率の高い返礼品を見つけることで、よりお得にふるさと納税を活用することができます。

人気の返礼品ランキング

ふるさと納税の返礼品は、さまざまな種類がありますが、その中でも特に人気のある返礼品は、以下のとおりです。

  • 肉類

肉類は、ふるさと納税の返礼品の中でも、常に人気のトップを争うジャンルです。特に、牛肉や豚肉、鶏肉などの定番肉類の人気が高く、中には、高級ブランド牛肉や、希少部位の肉などが提供される自治体もあります。

  • 魚介類

魚介類も、肉類と並んで人気のジャンルです。特に、海の幸が豊富な地域の返礼品は、新鮮で美味しいと評判です。また、うなぎやしゃぶしゃぶなどの、調理済みの魚介類も人気があります。

  • お米

お米は、ふるさと納税の返礼品として定番のジャンルです。特に、ブランド米や、減農薬栽培米など、高品質のお米が人気です。また、お米のセットや、お米を使った加工品なども人気があります。

  • スイーツ

スイーツは、女性を中心に人気のあるジャンルです。特に、地元の素材を使ったスイーツや、有名パティシエ監修のスイーツなどが人気です。また、ケーキや和菓子などの、さまざまな種類のスイーツが提供されています。

  • グルメ

グルメは、お肉や魚介類、お米などの食材に加え、加工食品や調味料など、さまざまな種類があります。特に、ご当地グルメや、特産品の加工品などが人気です。

  • 体験型

体験型の返礼品は、近年人気が高まっているジャンルです。特に、温泉やアクティビティなどの、地域の魅力を体験できる返礼品が人気です。また、宿泊券や、お食事券などの、お得な返礼品も人気があります。

ふるさと納税の返礼品を選ぶ際には、自分の好みや、応援したい地域の特徴などを考慮して選ぶとよいでしょう。

よくある質問

ふるさと納税で食べ物が選ばれるのはなぜ?

ふるさと納税で食べ物が選ばれる理由は、以下のとおりです。

  • 実質還元率が高い

食べ物は、返礼品の調達額(返礼率)が比較的低いため、実質還元率が高い傾向があります。そのため、お得にふるさと納税を活用したい人には、食べ物が人気です。

  • 日常生活で使える

食べ物は、日常生活で使いやすいというメリットがあります。そのため、寄付した自治体への関心や愛着を深めやすいという点も、人気の一つです。

  • 地域の魅力を味わえる

食べ物は、地域の魅力を味わえる返礼品です。たとえば、地元のブランド牛肉や、特産の魚介類などの返礼品は、地域の特色を活かしたものです。また、お土産としても喜ばれるため、贈答用としても人気があります。

このように、食べ物は、実質還元率の高さや、日常生活で使える点、地域の魅力を味わえる点などのメリットから、ふるさと納税で人気のある返礼品となっています。

ふるさと納税で買うといいものは何ですか?

ふるさと納税で買うといいものは、以下のとおりです。

  • 実質還元率が高いもの

ふるさと納税は、寄付金控除を受けることで、実質的に自己負担額を抑えて返礼品を受け取ることができます。そのため、実質還元率が高いものを選ぶことで、よりお得にふるさと納税を活用することができます。

  • 自分の好みやニーズに合ったもの

ふるさと納税の返礼品は、さまざまな種類があります。そのため、自分の好みやニーズに合ったものを選ぶことで、より満足度の高いふるさと納税をすることができます。

  • 地域の魅力を味わえるもの

ふるさと納税は、応援したい地域に寄付をすることで、地域の魅力を体験することができます。そのため、地域の魅力を味わえるものを選ぶことで、より充実したふるさと納税をすることができます。

具体的には、以下のようなものがおすすめです。

  • 肉類

肉類は、ふるさと納税の返礼品の中でも、常に人気のトップを争うジャンルです。特に、牛肉や豚肉、鶏肉などの定番肉類の人気が高く、中には、高級ブランド牛肉や、希少部位の肉などが提供される自治体もあります。

  • 魚介類

魚介類も、肉類と並んで人気のジャンルです。特に、海の幸が豊富な地域の返礼品は、新鮮で美味しいと評判です。また、うなぎやしゃぶしゃぶなどの、調理済みの魚介類も人気があります。

  • お米

お米は、ふるさと納税の返礼品として定番のジャンルです。特に、ブランド米や、減農薬栽培米など、高品質のお米が人気です。また、お米のセットや、お米を使った加工品なども人気があります。

  • スイーツ

スイーツは、女性を中心に人気のあるジャンルです。特に、地元の素材を使ったスイーツや、有名パティシエ監修のスイーツなどが人気です。また、ケーキや和菓子などの、さまざまな種類のスイーツが提供されています。

  • グルメ

グルメは、お肉や魚介類、お米などの食材に加え、加工食品や調味料など、さまざまな種類があります。特に、ご当地グルメや、特産品の加工品などが人気です。

  • 体験型

体験型の返礼品は、近年人気が高まっているジャンルです。特に、温泉やアクティビティなどの、地域の魅力を体験できる返礼品が人気です。また、宿泊券や、お食事券などの、お得な返礼品も人気があります。

ふるさと納税で買うものを決める際には、以下の点に注意しましょう。

  • 寄付限度額を超えないようにする

ふるさと納税の寄付限度額は、給与収入や家族構成によって異なります。寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができません。

  • ワンストップ特例制度を利用できるかを確認する

ワンストップ特例制度を利用すると、確定申告をせずに、ふるさと納税の寄付金控除を受けることができます。ワンストップ特例制度を利用できる自治体は、確定申告不要の控除対象寄附限度額(2,000円)を超える寄附を行っている自治体です。

  • 寄付金の受領証を保管する

寄付金控除を受けるためには、寄付金の受領証が必要です。寄付金の受領証は、寄付先の自治体から送られてきます。

  • 確定申告の準備をする

寄付金控除を受けるためには、確定申告が必要です。確定申告の期限は、翌年の3月15日です。

このように、ふるさと納税で買うものは、自分の好みやニーズに合ったもの、実質還元率が高いもの、地域の魅力を味わえるものを選ぶとよいでしょう。

記事のまとめ:よりお得に活用する方法|お得な返礼品の探し方

ふるさと納税は、応援したい地域に寄付をすることで、地域の特産品やサービスを受け取ることができる制度です。寄付金控除を受けることで、実質的に自己負担額を抑えて返礼品を楽しむことができます。

よりお得にふるさと納税を活用するためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 寄付先の自治体を選ぶ際には、実質還元率や寄付金の使い道をチェックする

実質還元率が高い返礼品を選ぶことで、よりお得にふるさと納税を活用することができます。また、寄付金の使い道を確認することで、応援したい事業がある自治体を選ぶことができます。

  • ふるさと納税ポータルサイトを活用して、さまざまな返礼品を比較検討する

ふるさと納税ポータルサイトでは、さまざまな自治体の返礼品を比較検討することができます。また、口コミやランキングなども参考にできるので、自分に合った返礼品を見つけることができます。

  • ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告の手間を省く

ワンストップ特例制度を利用すると、確定申告をせずに、ふるさと納税の寄付金控除を受けることができます。ワンストップ特例制度を利用できる自治体は、確定申告不要の控除対象寄附限度額(2,000円)を超える寄附を行っている自治体です。

  • 寄付金の受領証を保管することで、寄付金控除を受けるための手続きをスムーズに行う

寄付金控除を受けるためには、寄付金の受領証が必要です。寄付金の受領証は、寄付先の自治体から送られてきます。

これらのポイントを押さえて、よりお得で満足度の高いふるさと納税を活用しましょう。

また、ふるさと納税の返礼品は、地域の魅力を味わうことができるのも魅力です。応援したい地域の特産品やサービスを選んで、地域の魅力を体験するのもよいでしょう。

記事のまとめ:よりお得に活用する方法|お得な返礼品の探し方

ふるさと納税は、応援したい地域に寄付をすることで、地域の特産品やサービスを受け取ることができる制度です。寄付金控除を受けることで、実質的に自己負担額を抑えて返礼品を楽しむことができます。

よりお得にふるさと納税を活用するためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 実質還元率を計算して、お得な返礼品を選ぶ

実質還元率が高い返礼品を選ぶことで、よりお得にふるさと納税を活用することができます。実質還元率とは、寄付額から自己負担額を差し引いた額を、寄付額で割った割合です。

実質還元率を計算するには、以下の式を使います。

実質還元率 = (寄付額 - 2,000円) × 控除率 / 寄付額

たとえば、寄付額10,000円で、控除率が30%の場合、実質還元率は2,667円となります。

ふるさと納税ポータルサイトでは、実質還元率を簡単に計算できる機能を提供しているところもあります。

  • ふるさと納税ポータルサイトを活用して、さまざまな返礼品を比較検討する

ふるさと納税ポータルサイトでは、さまざまな自治体の返礼品を比較検討することができます。また、口コミやランキングなども参考にできるので、自分に合った返礼品を見つけることができます。

ふるさと納税ポータルサイトを活用することで、効率的にふるさと納税を活用することができます。

  • ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告の手間を省く

ワンストップ特例制度を利用すると、確定申告をせずに、ふるさと納税の寄付金控除を受けることができます。ワンストップ特例制度を利用できる自治体は、確定申告不要の控除対象寄附限度額(2,000円)を超える寄附を行っている自治体です。

ワンストップ特例制度を利用するためには、寄付先の自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出する必要があります。

  • 寄付金の受領証を保管することで、寄付金控除を受けるための手続きをスムーズに行う

寄付金控除を受けるためには、寄付金の受領証が必要です。寄付金の受領証は、寄付先の自治体から送られてきます。

寄付金の受領証は、1年分まとめて保管しておくと、確定申告の際に便利です。

  • 応援したい地域の特産品やサービスを選んで、地域の魅力を体験する

ふるさと納税の返礼品は、地域の特産品やサービスを味わうことができるのも魅力です。応援したい地域の特産品やサービスを選んで、地域の魅力を体験するのもよいでしょう。

これらのポイントを押さえて、よりお得で満足度の高いふるさと納税を活用しましょう。

また、ふるさと納税は、単なるお得な買い物ではなく、応援したい地域を応援する機会でもあります。応援したい地域の特産品やサービスを選んで、地域の魅力を体験するのもよいでしょう。

【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次