スタートアップ(開業・会社設立)支援価格を設定しています!見積りはこちら >>

ふるさと納税で寄付をする際の注意点は?トラブルを避けるために

この記事では、ふるさと納税で寄付をする際の注意点について解説します。

ふるさと納税は、地方自治体に寄付をすることで、寄付金額の2000円を超える部分について、所得税や住民税の控除を受けられる制度です。

近年は、ふるさと納税の制度が改正され、寄付金額の上限や控除率が引き上げられたことで、ますます人気が高まっています。

しかし、ふるさと納税には、注意点もあります。

この記事では、ふるさと納税をする際に押さえておきたい注意点を、わかりやすく解説します。

目次

ふるさと納税で寄付をする際の注意点

引用元:岩手県花巻市ふるさと納税返礼品

寄付限度額

ふるさと納税の寄付限度額は、以下の計算式で求められます。

寄付限度額 = 総所得金額等の40% - 2,000円

なお、総所得金額等とは、給与所得や事業所得、不動産所得などの合計金額です。

【給与収入】

給与収入寄付限度額
300万円以下28,000円
300万円超~400万円以下40,000円
400万円超~600万円以下53,000円
600万円超~800万円以下66,000円
800万円超~1,000万円以下79,000円
1,000万円超92,000円

【家族構成】

扶養家族数寄付限度額の増額
1人10,000円
2人20,000円
3人以上30,000円

例えば、給与収入が600万円で、扶養家族が2人いる場合は、寄付限度額は66,000円+20,000円=86,000円となります。

寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができませんので、注意が必要です。

寄付限度額は、毎年8月31日に国税庁のホームページで公表されます。

寄付限度額の計算例

給与収入が600万円で、扶養家族が2人いる人が、都道府県に10万円寄付した場合、寄付限度額は86,000円ですので、控除を受けることができません。

また、給与収入が300万円以下で、扶養家族が1人いる人が、市区町村に10万円寄付した場合、寄付限度額は28,000円+10,000円=38,000円ですので、控除額は100,000円-2,000円-38,000円=62,000円となります。


控除額

ふるさと納税の控除額は、寄付金の2,000円を差し引いた額の30%または40%です。

【控除率】

寄付先の所在地控除率
都道府県30%
市区町村40%

例えば、給与収入が600万円で、扶養家族が2人いる人が、都道府県に10万円寄付した場合、控除額は100,000円-2,000円=98,000円の30%で、29,400円となります。

控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。

確定申告の際には、寄付した自治体から送付される「寄付金受領証明書」を添付する必要があります。

また、ふるさと納税の控除は、所得税と住民税の両方で控除することができます。

控除を受けるためには、確定申告の際に、ふるさと納税の寄付額を、所得税の「寄付金控除」と、住民税の「寄付金特別控除」に分けて申告する必要があります。

ふるさと納税は、寄付金の2,000円を差し引いた額の30%または40%が控除されるため、お得に寄付をすることができます。


返礼品の内容

ふるさと納税の返礼品は、自治体によってさまざまです。

【返礼品の種類】

種類
食品肉、魚、野菜、果物、加工品
日用品タオル、洗剤、シャンプー、化粧品
家電テレビ、冷蔵庫、洗濯機
体験温泉旅行、観光、スポーツ
その他寄付金の一部が寄付先の自治体の特産品や商品券などに交換できるもの

【返礼品の選び方】

返礼品を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 寄付限度額を超えないようにする
  • 自分のニーズに合ったものを選ぶ
  • 品質や安全性に注意する

また、返礼品は人気が高く、早めに申し込みをしないと希望の商品が届かないこともあります。

【返礼品で注意すべきこと】

ふるさと納税の返礼品には、以下の点に注意が必要です。

  • 実質還元率が3割を超えないものは注意が必要
  • 返礼品によっては、寄付から届くまで時間がかかることがある
  • 返礼品は、寄付先の自治体から送られてきます

実質還元率とは、寄付金の額から2,000円を差し引いた額に、控除率を乗じた金額を、寄付金額で割って算出されるものです。

実質還元率が3割を超える返礼品は、寄付金の3割が返礼品で返ってくることになります。

しかし、実質還元率が3割を超える返礼品は、寄付金控除の適用対象外となる可能性があります。

また、返礼品によっては、寄付から届くまで時間がかかることがあります。

特に、食品や生鮮品の場合は、発送までに数週間かかることもあります。

返礼品は、寄付先の自治体から送られてきます。

そのため、住所や氏名などの個人情報の入力を正確に行うようにしましょう。


寄付のタイミング

ふるさと納税の寄付は、翌年の1月1日から12月31日までの間に行うことができます。

ただし、控除を受けるためには、寄付した年の確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

そのため、控除を受けるためには、翌年の3月15日までに確定申告を行う必要があります。

寄付のタイミングの注意点

寄付のタイミングには、以下の点に注意が必要です。

  • 寄付限度額を超えないようにする
  • 返礼品の在庫がなくなる可能性がある
  • 確定申告の際に間に合うようにする

寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができません。

また、人気の高い返礼品は、早めに申し込みをしないと希望の商品が届かないこともあります。

さらに、確定申告の際に間に合わないと、控除を受けることができませんので、注意が必要です。

寄付のタイミングのおすすめ

寄付のタイミングとしては、以下のタイミングがおすすめです。

  • 1月上旬

1月上旬に寄付をすることで、寄付限度額を把握した上で、寄付先や返礼品を選ぶことができます。

また、人気の高い返礼品も、まだ在庫がある可能性があります。

  • 10月上旬

10月上旬に寄付をすることで、確定申告の際に間に合うように、寄付金受領証明書を受け取ることができます。

また、返礼品の在庫がなくなる可能性があるため、早めに申し込みをしておくと安心です。

なお、寄付のタイミングは、個人の状況や都合に合わせて決めるとよいでしょう。


寄付先の選び方

ふるさと納税の寄付先を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 寄付限度額を超えないようにする
  • 応援したい自治体を選ぶ
  • 寄付金の使い道をチェックする
  • 返礼品の品質や安全性に注意する

寄付限度額を超えないようにする

寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができません。

そのため、寄付する前に、必ず寄付限度額を確認しましょう。

応援したい自治体を選ぶ

ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付をすることで、その自治体に貢献することができる制度です。

そのため、自分が応援したい自治体を選ぶことが大切です。

寄付金の使い道をチェックする

寄付金は、その自治体のさまざまな事業に活用されます。

そのため、寄付金の使い道をチェックして、自分が応援したい事業に活用される自治体を選ぶとよいでしょう。

返礼品の品質や安全性に注意する

返礼品は、自治体から送られてきます。

そのため、返礼品の品質や安全性に注意して選ぶようにしましょう。

寄付先の選び方のおすすめ

寄付先の選び方としては、以下の方法がおすすめです。

  • ふるさと納税ポータルサイトを利用する

ふるさと納税ポータルサイトでは、全国の自治体の情報が掲載されており、寄付先を簡単に選ぶことができます。

また、寄付金の使い道や返礼品の品質などについても、比較検討することができます。

  • 自治体のホームページを利用する

自治体のホームページでは、寄付金の使い道や返礼品の情報が詳しく掲載されています。

また、自治体の取り組みや特徴なども知ることができます。

  • 知人や友人に相談する

ふるさと納税を経験した知人や友人に相談するのもおすすめです。

実際に寄付した人の体験談を聞くことで、寄付先を選ぶ際の参考になります。

なお、寄付先の選び方は、個人の状況や都合に合わせて決めるとよいでしょう。

よくある質問

ふるさと納税で失敗した例は?

ふるさと納税で失敗する例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 寄付限度額を超えて寄付してしまった
  • 希望の返礼品が届かなかった
  • 返礼品が自分のニーズに合わなかった
  • 寄付金控除の手続きを忘れてしまった

寄付限度額を超えて寄付してしまった

ふるさと納税では、寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができません。

そのため、寄付する前に、必ず寄付限度額を確認するようにしましょう。

希望の返礼品が届かなかった

ふるさと納税の返礼品は、人気が高く、早めに申し込みをしないと希望の商品が届かないこともあります。

また、生鮮品や食品などの返礼品は、発送までに数週間かかることもあります。

そのため、希望の返礼品が届くかどうかは、事前に確認しておくとよいでしょう。

返礼品が自分のニーズに合わなかった

ふるさと納税の返礼品は、自治体によってさまざまです。

そのため、自分のニーズに合った返礼品を選ぶことが大切です。

返礼品を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 実質還元率をチェックする
  • 寄付限度額を超えないようにする
  • 品質や安全性に注意する

寄付金控除の手続きを忘れてしまった

ふるさと納税の控除を受けるためには、寄付した年の確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

そのため、確定申告の際に間に合わないと、控除を受けることができません。

確定申告の際には、以下の点に注意しましょう。

  • 寄付金受領証明書を忘れずに保管する
  • 寄付金控除の必要書類を揃える
  • 寄付金控除の手続きを期限内に行う

ふるさと納税は、お得に寄付をすることができる制度ですが、上記のような失敗をしないために、事前に十分に確認しておくことが大切です。

ふるさと納税をやめたほうがいい人は?

ふるさと納税をやめたほうがいい人は、以下のとおりです。

  • 寄付限度額を超える可能性がある人
  • 返礼品に魅力を感じない人
  • 寄付金控除の手続きが面倒な人

寄付限度額を超える可能性がある人

ふるさと納税の寄付限度額は、給与収入や家族構成によって異なります。

そのため、寄付限度額を超える可能性がある場合は、ふるさと納税をやめたほうがよいでしょう。

返礼品に魅力を感じない人

ふるさと納税の魅力は、寄付した自治体から返礼品がもらえることです。

そのため、返礼品に魅力を感じない人は、ふるさと納税をやめたほうがよいでしょう。

寄付金控除の手続きが面倒な人

ふるさと納税の控除を受けるためには、寄付した年の確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

そのため、寄付金控除の手続きが面倒な人はやめたほうがよいでしょう。

また、以下の人についても、ふるさと納税をやめたほうがよい場合があります。

  • 所得が低く、控除額が少ない人
  • 住民税非課税世帯の人
  • 自営業で赤字の申告をしている人

所得が低く、控除額が少ない場合は、ふるさと納税のメリットがあまりありません。

また、住民税非課税世帯の人や、自営業で赤字の申告をしている人は、ふるさと納税の控除を受けることができません。

ふるさと納税をするかどうかは、自分の状況や考え方に合わせて判断しましょう。

ふるさと納税制度で気をつけることは?

ふるさと納税制度で気をつけることは、以下のとおりです。

  • 寄付限度額を超えないようにする
  • 返礼品の品質や安全性に注意する
  • 寄付金控除の手続きを忘れないようにする

寄付限度額を超えないようにする

ふるさと納税の寄付限度額は、給与収入や家族構成によって異なります。

そのため、寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができません。

寄付限度額は、毎年8月31日に国税庁のホームページで公表されます。

返礼品の品質や安全性に注意する

ふるさと納税の返礼品は、自治体から送られてきます。

そのため、返礼品の品質や安全性に注意して選ぶようにしましょう。

返礼品の品質や安全性については、自治体のホームページや口コミなどを参考にするとよいでしょう。

寄付金控除の手続きを忘れないようにする

ふるさと納税の控除を受けるためには、寄付した年の確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

そのため、確定申告の際に間に合わないと、控除を受けることができません。

寄付金控除の手続きについては、国税庁のホームページや税理士などに相談するとよいでしょう。

また、以下の点にも注意が必要です。

  • 実質還元率をチェックする
  • 応援したい自治体を選ぶ
  • 寄付金の使い道をチェックする

実質還元率とは、寄付金の額から2,000円を差し引いた額に、控除率を乗じた金額を、寄付金額で割って算出されるものです。

実質還元率が3割を超える返礼品は、寄付金控除の適用対象外となる可能性があります。

応援したい自治体を選ぶことで、ふるさと納税の楽しみが広がります。

寄付金の使い道をチェックして、自分が応援したい事業に活用される自治体を選ぶとよいでしょう。

ふるさと納税は、お得に寄付をすることができる制度ですが、上記のような点に注意することで、より効果的に利用することができます。

ふるさと納税のワンストップ特例制度の注意点は?

ふるさと納税のワンストップ特例制度の注意点は、以下のとおりです。

  • 寄付先の自治体が5つ以内であること
  • 確定申告をしないことが条件であること
  • 医療費控除などの他の控除を受けることができないこと

寄付先の自治体が5つ以内であること

ワンストップ特例制度を利用するには、寄付先の自治体が5つ以内である必要があります。

6つ以上の自治体に寄付をした場合、確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

確定申告をしないことが条件であること

ワンストップ特例制度を利用するには、確定申告をしないことが条件です。

給与所得者で、医療費控除や住宅ローン控除などの他の控除を受ける場合は、確定申告が必要です。

医療費控除などの他の控除を受けることができないこと

ワンストップ特例制度を利用した場合、医療費控除などの他の控除を受けることができません。

医療費控除や住宅ローン控除などの控除を受ける場合は、確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

また、以下の点にも注意が必要です。

  • 申請書を寄付先の自治体に郵送する必要がある
  • 申請書類に不備があると受理されない
  • 申請期限は翌年の1月10日までであること

ワンストップ特例制度を利用するには、寄付先の自治体に申請書を郵送する必要があります。

申請書類に不備があると受理されませんので、注意が必要です。

申請期限は翌年の1月10日までですので、忘れずに申請しましょう。

ふるさと納税のワンストップ特例制度は、確定申告をせずに寄付金控除を受けることができる便利な制度です。

ただし、上記のような注意点を理解した上で利用するようにしましょう。

記事のまとめ:ふるさと納税で寄付をする際の注意点は?トラブルを避けるために

ふるさと納税で寄付をする際の注意点は、以下のとおりです。

  • 寄付限度額を超えないようにする
  • 返礼品の品質や安全性に注意する
  • 寄付金控除の手続きを忘れないようにする

寄付限度額を超えないようにする

ふるさと納税の寄付限度額は、給与収入や家族構成によって異なります。

寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができません。

寄付限度額は、毎年8月31日に国税庁のホームページで公表されます。

返礼品の品質や安全性に注意する

ふるさと納税の返礼品は、自治体から送られてきます。

そのため、返礼品の品質や安全性に注意して選ぶようにしましょう。

返礼品の品質や安全性については、自治体のホームページや口コミなどを参考にするとよいでしょう。

寄付金控除の手続きを忘れないようにする

ふるさと納税の控除を受けるためには、寄付した年の確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

そのため、確定申告の際に間に合わないと、控除を受けることができません。

寄付金控除の手続きについては、国税庁のホームページや税理士などに相談するとよいでしょう。

また、以下の点にも注意が必要です。

  • 実質還元率をチェックする
  • 応援したい自治体を選ぶ
  • 寄付金の使い道をチェックする

実質還元率とは、寄付金の額から2,000円を差し引いた額に、控除率を乗じた金額を、寄付金額で割って算出されるものです。

実質還元率が3割を超える返礼品は、寄付金控除の適用対象外となる可能性があります。

応援したい自治体を選ぶことで、ふるさと納税の楽しみが広がります。

寄付金の使い道をチェックして、自分が応援したい事業に活用される自治体を選ぶとよいでしょう。

ふるさと納税は、お得に寄付をすることができる制度ですが、上記のような点に注意することで、より効果的に利用することができます。

トラブルを避けるために、特に注意したい点は以下のとおりです。

  • 寄付先の自治体を確認する

ふるさと納税は、自治体ごとに寄付金の使い道や返礼品が異なります。

そのため、寄付する前に、必ず寄付先の自治体を確認するようにしましょう。

  • 寄付限度額を確認する

ふるさと納税の寄付限度額は、給与収入や家族構成によって異なります。

寄付限度額を超えて寄付をすると、控除を受けることができませんので、必ず寄付限度額を確認するようにしましょう。

  • 返礼品の品質や安全性をチェックする

ふるさと納税の返礼品は、自治体から送られてきます。

そのため、返礼品の品質や安全性に注意して選ぶようにしましょう。

返礼品の品質や安全性については、自治体のホームページや口コミなどを参考にするとよいでしょう。

  • 寄付金控除の手続きを忘れない

ふるさと納税の控除を受けるためには、寄付した年の確定申告で寄付金控除を申告する必要があります。

そのため、確定申告の際に間に合わないように、寄付金控除の手続きを忘れないようにしましょう。

ふるさと納税は、寄付と返礼品の両方が魅力的な制度です。

上記の注意点を理解した上で、トラブルを避けながら、効果的に利用しましょう。

【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次