スタートアップ(開業・会社設立)支援価格を設定しています!見積りはこちら >>

ふるさと納税をしない方がよい人は?職業や年収で判断すると?

この記事では、ふるさと納税をしない方がよい人について、職業や年収の観点から解説します。

ふるさと納税は、住民税の一部を、自分の好きな自治体に寄付できる制度です。寄付額の2,000円を超える部分は、所得税と住民税から控除されます。

しかし、ふるさと納税には、控除限度額や返礼品の魅力など、デメリットもあります。そのため、必ずしもすべての人にふさわしい制度ではありません。

この記事では、以下の3つの観点から、ふるさと納税をしない方がよい人を解説します。

  1. 所得税や住民税を払っていない人
  2. 所得が低い人
  3. ふるさと納税をした年に退職した(する)人

これらの観点に当てはまる人は、ふるさと納税をしてもメリットがないため、慎重に判断する必要があります。

目次

ふるさと納税をしないほうがよい人

引用元:北海道別海町ふるさと納税返礼品

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税は、住民税の一部を、自分の好きな自治体に寄付できる制度です。寄付額の2,000円を超える分は、所得税と住民税から控除されます。

ふるさと納税には、以下のメリットがあります。

  • 好きな自治体を応援できる
  • 返礼品をもらえる
  • 所得税や住民税の負担を減らせる

ふるさと納税のデメリット

しかし、ふるさと納税には、以下のデメリットもあります。

  • 控除限度額を超えた場合、自己負担になる
  • 返礼品に魅力を感じない
  • 手続きや確定申告が面倒

これらのメリットとデメリットを考慮したうえで、ふるさと納税をするか否かを判断することが大切です。

ふるさと納税をしないほうがよい人

職業や年収の観点から、ふるさと納税をしないほうがよい人は、以下のとおりです。

  • 専業主婦(夫)
  • 扶養家族
  • 赤字で申告予定の自営業者(個人事業主)

具体的には、以下のとおりです。

  • **専業主婦(夫)**は、住民税の納税義務がありません。そのため、ふるさと納税をしても控除を受けることができません。
  • 扶養家族は、配偶者の所得から税額控除を受けているため、ふるさと納税をしても、控除額が減る可能性があります。
  • **赤字で申告予定の自営業者(個人事業主)**は、赤字額が住民税の非課税限度額を超える場合、住民税を払う必要がありません。そのため、ふるさと納税をしても控除を受けることができません。

また、ふるさと納税は、所得税と住民税の控除を受ける制度です。そのため、所得税や住民税を払っていない人や、所得が低い人は、ふるさと納税をしてもメリットが少ないと言えます。

具体的には、以下のとおりです。

  • 所得税や住民税を払っていない人は、ふるさと納税をしても控除を受けることができないため、意味がありません。
  • 所得が低い人は、所得税や住民税の負担が少ないため、ふるさと納税をしても、控除による節税効果が小さくなります。

なお、ふるさと納税は、控除限度額を超えた場合、自己負担となるため、注意が必要です。また、返礼品に魅力を感じない人も、ふるさと納税をしないほうがよいでしょう。

ふるさと納税を検討している人は、これらの点を考慮して、慎重に判断することが大切です。

ふるさと納税をやっていちばん得をする人は?

ふるさと納税をやっていちばん得をする人は、以下のとおりです。

  • 所得税や住民税の負担が大きい人
  • 返礼品に魅力を感じる人
  • 手続きや確定申告に抵抗がない人

具体的には、以下のとおりです。

  • 所得税や住民税の負担が大きい人
    • 所得税や住民税の負担が大きい人は、ふるさと納税による節税効果が大きくなります。
    • 例えば、年収が300万円を超える人は、ふるさと納税をすることで、控除額が大きく、節税効果が期待できます。
  • 返礼品に魅力を感じる人
    • 返礼品に魅力を感じる人にとって、ふるさと納税は、寄付と返礼品を同時に得られるお得な制度です。
    • 例えば、高級肉や特産品などの返礼品が魅力的な自治体に寄付することで、節税効果だけでなく、お得な買い物を楽しむことができます。
  • 手続きや確定申告に抵抗がない人
    • ふるさと納税は、ワンストップ特例を利用すれば、手続きが簡単です。
    • しかし、確定申告が必要な人や、ワンストップ特例の申請が面倒な人は、ふるさと納税のメリットを十分に享受できない可能性があります。

ふるさと納税は、メリットとデメリットをよく理解したうえで、自分に合った制度かどうかを判断することが大切です。

ふるさと納税をやって得をする人の年収との関係は?

ふるさと納税は、寄付額の2,000円を超える部分が、所得税と住民税から控除されます。そのため、所得税や住民税の負担が大きい人ほど、ふるさと納税による節税効果が大きくなります。

国税庁の調査によると、ふるさと納税の寄付額は、年収が高い人ほど多くなっています。

年収300万円以上の人の場合、控除限度額は約60,000円になります。そのため、仮に60,000円をふるさと納税した場合、所得税と住民税の合計で約25,000円の節税効果が期待できます。

一方、年収100万円以下の人の場合、控除限度額は約20,000円になります。そのため、仮に20,000円をふるさと納税した場合、所得税と住民税の合計で約7,000円の節税効果が期待できます。

このように、年収が高い人ほど、ふるさと納税による節税効果が大きくなるため、ふるさと納税をやって得をする可能性が高いと言えます。

はい、以下に、ふるさと納税をやって得をする人の年収との関係を分かりやすく表にまとめました。

年収控除限度額節税効果(所得税と住民税の合計)
100万円以下約20,000円約7,000円
100万円超~200万円以下約30,000円約10,500円
200万円超~300万円以下約40,000円約14,000円
300万円超~400万円以下約50,000円約17,500円
400万円超~500万円以下約60,000円約21,000円
500万円超~600万円以下約70,000円約24,500円
600万円超~700万円以下約80,000円約28,000円
700万円超~800万円以下約90,000円約31,500円
800万円超~900万円以下約100,000円約35,000円
900万円超~1,000万円以下約110,000円約38,500円
1,000万円超約120,000円約42,000円

この表からわかるように、年収が100万円以下の場合、控除限度額は約20,000円になります。そのため、仮に60,000円をふるさと納税した場合、所得税と住民税の合計で約14,000円の節税効果が期待できます。

一方、年収が300万円超の場合、控除限度額は約60,000円になります。そのため、仮に60,000円をふるさと納税した場合、所得税と住民税の合計で約42,000円の節税効果が期待できます。

このように、年収が高い人ほど、ふるさと納税による節税効果が大きくなるため、ふるさと納税をやって得をする可能性が高いと言えます。

なお、この表はあくまでも目安です。実際の節税効果は、所得税率や住民税率などによって異なります。

なお、この表はあくまで目安であり、実際の節税効果は、寄付先の自治体や、寄付した時期などによっても異なります。

よくある質問

ふるさと納税をやらないほうがいい年収は?

ふるさと納税は、所得税と住民税の控除を受ける制度です。そのため、所得税や住民税を払っていない人や、所得が低い人は、ふるさと納税をしてもメリットが少ないと言えます。

具体的には、以下のとおりです。

  • 所得税や住民税を払っていない人は、ふるさと納税をしても控除を受けることができないため、意味がありません。
  • 所得が低い人は、所得税や住民税の負担が少ないため、ふるさと納税をしても、控除による節税効果が小さくなります。

年収で判断すると、以下のようになります。

  • 年収150万円未満(独身または共働きの場合)
  • 年収250万円未満(夫婦で配偶者に収入のない場合)

具体的には、以下のとおりです。

  • 年収150万円未満(独身または共働きの場合)は、控除限度額が40,000円未満になるため、ふるさと納税をしても、控除を受けられる金額が少ない可能性があります。
  • 年収250万円未満(夫婦で配偶者に収入のない場合)は、控除限度額が60,000円未満になるため、ふるさと納税をしても、控除を受けられる金額が少ない可能性があります。

もちろん、これらの年収はあくまで目安です。ふるさと納税を検討している人は、自分の所得や控除限度額をよく確認して、判断するようにしましょう。

なお、ふるさと納税には、以下のデメリットもあります。

  • 控除限度額を超えた場合、自己負担になる
  • 返礼品に魅力を感じない
  • 手続きや確定申告が面倒

これらのデメリットを考慮したうえで、ふるさと納税をするか否かを判断することも大切です。

ふるさと納税で控除されない人は?

ふるさと納税で控除されない人は、以下のとおりです。

  • 住民税の納税義務がない人
  • 所得税の納税義務がない人
  • 寄付先の自治体の条例で控除対象とされていない人
  • ワンストップ特例の申請をせず、確定申告をしない人
  • 寄付先の自治体に寄付した金額が、その年の所得に応じた控除限度額を超えている人

具体的には、以下のとおりです。

  • 住民税の納税義務がない人
    • 住民税の納税義務がない人は、ふるさと納税をしても控除を受けることができません。
    • 例えば、専業主婦(夫)、扶養家族、外国人、生活保護受給者などは、住民税の納税義務がありません。
  • 所得税の納税義務がない人
    • 所得税の納税義務がない人も、ふるさと納税をしても控除を受けることができません。
    • 例えば、給与所得が103万円以下(給与所得のみの場合)の人は、所得税の納税義務がありません。
  • 寄付先の自治体の条例で控除対象とされていない人
    • 寄付先の自治体の条例で控除対象とされていない寄付は、ふるさと納税の控除対象とはなりません。
    • 例えば、災害復興支援に関する寄付などは、控除対象とならない場合があります。
  • ワンストップ特例の申請をせず、確定申告をしない人
    • ワンストップ特例の申請をせず、確定申告をしない場合は、寄付先の自治体ごとに、寄付金控除の申告が必要です。
    • 申告漏れがあると、追徴課税の対象となる可能性があります。
  • 寄付先の自治体に寄付した金額が、その年の所得に応じた控除限度額を超えている人
    • 寄付先の自治体に寄付した金額が、その年の所得に応じた控除限度額を超える場合、自己負担となります。
    • 例えば、所得税の控除限度額が2,000円を超える場合、2,000円を超えた部分は自己負担となります。

ふるさと納税を検討している人は、これらの点を考慮して、慎重に判断するようにしましょう。

ワンストップ特例は誰が利用できないのか?

ワンストップ特例は、以下の条件に当てはまる人は利用できません。

  • 確定申告が必要な人
  • 寄付先の自治体数が6つ以上になった人
  • 申請書提出後に確定申告をした人
  • 申請書提出後に引っ越しをした人

具体的には、以下のとおりです。

  • 確定申告が必要な人
    • 給与所得が2,000万円を超える人、事業所得や不動産所得がある人、海外に住所がある人などは、確定申告が必要な場合があります。
    • これらの人は、ワンストップ特例を利用できません。
  • 寄付先の自治体数が6つ以上になった人
    • ワンストップ特例を利用するには、寄付先の自治体数が5つ以下である必要があります。
    • 6つ以上の自治体に寄付した場合は、ワンストップ特例を利用できません。
  • 申請書提出後に確定申告をした人
    • ワンストップ特例の申請書は、寄付をした年の翌年1月10日までに提出する必要があります。
    • 申請書提出後に確定申告をした場合、ワンストップ特例は適用されません。
  • 申請書提出後に引っ越しをした人
    • ワンストップ特例の申請書は、寄付先の自治体に提出します。
    • 申請書提出後に引っ越しをして、寄付先の自治体が変更になった場合は、ワンストップ特例は適用されません。

なお、ワンストップ特例を利用できない場合は、寄付先の自治体ごとに、寄付金控除の申告が必要です。

ふるさと納税を検討している人は、これらの点を考慮して、慎重に判断するようにしましょう。

記事のまとめ:ふるさと納税をしない方がよい人は?職業や年収で判断すると?

ふるさと納税は、寄付額の2,000円を超える部分が、所得税と住民税から控除される制度です。そのため、所得税や住民税の負担が大きい人ほど、ふるさと納税による節税効果が大きくなります。

しかし、ふるさと納税には、以下のデメリットもあります。

  • 控除限度額を超えると自己負担になる
  • 返礼品に魅力を感じない人もいる
  • 手続きや確定申告が面倒な人もいる

これらのデメリットを考慮すると、以下の人は、ふるさと納税をしない方がよいと考えられます。

  • 所得税や住民税を払っていない人
  • 所得が低い人
  • 控除限度額を超えて寄付する可能性がある人
  • 返礼品に魅力を感じない人
  • 手続きや確定申告が面倒な人

具体的には、年収100万円以下の人は、控除限度額が約20,000円になるため、ふるさと納税をしても節税効果が小さい可能性があります。また、確定申告が必要な人は、ワンストップ特例を利用できないため、手続きが煩雑になります。

また、ふるさと納税は、地方自治体への寄付という側面もあります。そのため、寄付先の自治体やその取り組みに魅力を感じる人であれば、ふるさと納税を検討してもよいでしょう。

ふるさと納税は、メリットとデメリットをよく理解したうえで、自分に合った制度かどうかを判断することが大切です。

【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次