スタートアップ(開業・会社設立)支援価格を設定しています!見積りはこちら >>

ふるさと納税とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説

この記事では、ふるさと納税の仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体に寄付することで、その寄付額のうち2,000円を超える部分を、翌年の所得税や住民税から控除できる制度です。

ふるさと納税には、以下のメリットがあります。

  • 寄付金の一部が返礼品としてもらえる
  • 地域を応援できる
  • 税金の控除を受けられる

一方、以下のデメリットもあります。

  • 寄付した分の現金は手元からなくなる
  • 控除を受けるためには手続きが必要

この記事では、ふるさと納税のメリット・デメリットを詳しく解説します。また、ふるさと納税を利用する際の注意点についても触れますので、ぜひ参考にしてください。

ふるさと納税に興味がある方、もっと詳しく知りたい方は、ぜひこの記事を最後までお読みください。

目次

ふるさと納税の概要

福井県敦賀市ふるさと納税返礼品

引用元:福井県敦賀市ふるさと納税返礼品

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。

ふるさと納税を行うことで、以下のメリットがあります。

  • 応援したい自治体の支援につながる。
  • 寄附金の一部が、翌年の税金から控除される。
  • 自治体から返礼品を受け取ることができる。

ふるさと納税を行うには、以下の手順が必要です。

  1. 寄付先の自治体を選ぶ。
  2. 寄付先の自治体のホームページから、寄付手続きを行う。
  3. 寄附金の入金を確認する。
  4. 寄附先の自治体から、返礼品を受け取る。

寄付先の自治体は、全国の都道府県や市区町村など、2,000以上あります。寄付先の自治体を選ぶ際には、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 応援したい自治体を選ぶ。
  • 返礼品の品揃えや価額を比較する。
  • 寄附金の使い道をチェックして、納得できる自治体を選ぶ。

ふるさと納税の寄付金は、所得税と住民税から控除されます。控除額は、寄附金の額から2,000円を引いた額となります。

例えば、50,000円をふるさと納税した場合、控除額は50,000円 – 2,000円 = 48,000円となります。

控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。ただし、給与所得者等で、寄付先の自治体の数が1年間で5自治体以内である場合、ふるさと納税ポータルサイト等を利用してワンストップ特例制度を利用することで、確定申告をせずに寄付金控除を受けることができます。

ワンストップ特例制度を利用する場合、返礼品の価額が50万円を超える場合は、確定申告が必要です。

そもそも、2,000円は何のための金額ですか?

ふるさと納税の控除額は、寄付額の2,000円を超える部分が控除されます。この2,000円は、寄付金の受領証明書の発行や、寄付金の管理・運営にかかる費用を賄うための手数料として設定されています。

ふるさと納税は、寄付金の全額を税金から控除するのではなく、2,000円を自己負担とすることによって、寄付の趣旨を尊重しつつ、制度の適正な運用を図ることを目的としています。

また、2,000円の自己負担があることで、ふるさと納税を検討する際に、寄付先の自治体や取り組みについて、しっかりと調べるきっかけにもなります。

なお、ふるさと納税の控除額は、年収や家族構成によって異なります。控除額の詳細については、国税庁のホームページなどで確認することができます。

国税庁ふるさと納税(寄附金控除)

ふるさと納税の魅力は?

ふるさと納税の魅力は、大きく分けて以下の3つです。

1.税金の控除を受けられる

ふるさと納税の最大の魅力は、税金の控除を受けられることです。寄付した金額のうち、2,000円を超える部分については、所得税と住民税から控除されます。

例えば、年収500万円の会社員の方が、30,000円をふるさと納税した場合、28,000円が所得税と住民税から控除されます。これにより、実質的な自己負担額は2,000円で済みます。

2.全国各地の名産品がもらえる

ふるさと納税では、寄付への感謝として、自治体からお礼品が贈られます。お礼品には、全国各地の特産品やサービス券など、さまざまな種類があります。

お礼品の中には、普段はなかなか手に入らないような珍しいものや、お得な価格で購入できるものもあります。そのため、ふるさと納税をきっかけに、新しい特産品やサービスを知ることができます。

3.地域を応援できる

ふるさと納税は、自分が住んでいる自治体以外の自治体に寄付をすることで、その自治体の地域活性化を支援することができます。

寄付金は、自治体のさまざまな事業に活用されます。例えば、子育て支援や防災・減災対策、観光振興などです。

ふるさと納税をすることで、自分が応援したい自治体の地域活性化に貢献することができます。

また、近年では、ふるさと納税を活用した移住やワーケーションなどの取り組みも増えています。ふるさと納税をきっかけに、新しい地域とのつながりを持つこともできます。

このように、ふるさと納税にはさまざまな魅力があります。寄付を検討している方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税のメリット・デメリット

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットは、以下のとおりです。

  • 応援したい自治体の支援につながる

ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄附を行う制度です。そのため、応援したい自治体や、その地域の魅力を知ってもらうために、ふるさと納税を行うことができます。

  • 寄附金の一部が、翌年の税金から控除される

ふるさと納税の寄附金は、所得税と住民税から控除されます。控除額は、寄附金の額から2,000円を引いた額となります。

例えば、50,000円をふるさと納税した場合、控除額は50,000円 – 2,000円 = 48,000円となります。

控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。ただし、給与所得者等で、寄付先の自治体の数が1年間で5自治体以内である場合、ふるさと納税ポータルサイト等を利用してワンストップ特例制度を利用することで、確定申告をせずに寄付金控除を受けることができます。

  • 自治体から返礼品を受け取ることができる

ふるさと納税を行うことで、自治体から返礼品を受け取ることができます。返礼品は、その地域の特産品やグルメなど、さまざまなものがあります。

返礼品の金額は、寄付金の額から2,000円を引いた額が、寄付金控除の対象となります。

ふるさと納税のデメリット

  • 控除限度額を超えると自己負担になる

ふるさと納税の控除限度額は、所得税と住民税の合計で、以下のとおりです。

所得区分控除限度額
給与所得者等38万円
公務員40万円
自営業者等40万円

控除限度額を超えてふるさと納税を行うと、自己負担となります。

  • 確定申告が必要になる場合がある

ふるさと納税の寄付先の自治体の数が1年間で5自治体を超える場合、ワンストップ特例制度を利用することができません。そのため、確定申告を行う必要があります。

また、返礼品の価額が50万円を超える場合も、確定申告が必要です。

  • 寄付金の使い道をチェックする必要がある

ふるさと納税の寄付金は、その自治体の指定する事業に使われます。そのため、寄付を行う前に、寄付金の使い道をチェックして、納得できる自治体を選ぶようにしましょう。

ふるさと納税を行う際には、メリットとデメリットをよく理解した上で、検討するようにしましょう。

ふるさと納税を利用する際の注意点

ふるさと納税を利用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 控除限度額を超えないようにする

ふるさと納税の控除限度額は、所得税と住民税の合計で、以下のとおりです。

所得区分控除限度額
給与所得者等38万円
公務員40万円
自営業者等40万円

控除限度額を超えてふるさと納税を行うと、自己負担となります。

控除限度額は、年収や家族構成によって異なります。寄付を行う前に、必ず控除限度額を確認するようにしましょう。

  • 確定申告が必要になる場合がある

ふるさと納税の寄付先の自治体の数が1年間で5自治体を超える場合、ワンストップ特例制度を利用することができません。そのため、確定申告を行う必要があります。

また、返礼品の価額が50万円を超える場合も、確定申告が必要です。

確定申告が必要になる場合は、寄付した年の翌年の3月15日までに、確定申告を行う必要があります。

  • 寄付金の使い道をチェックする

ふるさと納税の寄付金は、その自治体の指定する事業に使われます。そのため、寄付を行う前に、寄付金の使い道をチェックして、納得できる自治体を選ぶようにしましょう。

  • 返礼品の品質や安全性を確認する

ふるさと納税の返礼品は、その地域の特産品やグルメなど、さまざまなものがあります。返礼品を選ぶ際には、品質や安全性を確認するようにしましょう。

  • 詐欺に注意する

ふるさと納税を装った詐欺が、近年増加しています。寄付を行う際には、必ず自治体のホームページや、ふるさと納税ポータルサイトなどの信頼できる情報を確認するようにしましょう。

ふるさと納税は、応援したい自治体の支援につながる制度です。しかし、控除限度額を超えないようにしたり、確定申告が必要になる場合があることを理解して、利用するようにしましょう。

記事のまとめ:ふるさと納税とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附を行う制度です。寄附金の額から2,000円を引いた額が、所得税と住民税から控除されます。

ふるさと納税のメリットは、以下のとおりです。

  • 応援したい自治体の支援につながる
  • 寄附金の一部が、翌年の税金から控除される
  • 自治体から返礼品を受け取ることができる

ふるさと納税のデメリットは、以下のとおりです。

  • 控除限度額を超えると自己負担になる
  • 確定申告が必要になる場合がある
  • 寄付金の使い道をチェックする必要がある

ふるさと納税を利用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 控除限度額を超えないようにする
  • 確定申告が必要になる場合がある
  • 寄付金の使い道をチェックする
  • 返礼品の品質や安全性を確認する
  • 詐欺に注意する

ふるさと納税は、応援したい自治体の支援につながる制度です。しかし、控除限度額を超えないようにしたり、確定申告が必要になる場合があることを理解して、利用するようにしましょう。

また、ふるさと納税は、地域の魅力を知ってもらうきっかけにもなります。寄付先の自治体のホームページや、ふるさと納税ポータルサイトなどを参考にして、ぜひ自分だけのふるさと納税を見つけてみてください。

【関連記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次